Close RECOMMEND

I write about Millennials, Gen Z, and leadership trends.


4. 職場でのうわさ話や陰口を避ける

職場での“ドラマ”に巻き込まれてしまうのは簡単だ。冷水器の周りに集まって井戸端会議をするのは楽しいかもしれないが、うわさ好きな人として認識されてしまうと、すぐに職場での尊敬を失ってしまう。職場の気さくな会話に加わることには何も悪い点はない。とはいえ、本人に直接言わないようなことを本人に隠れて言わないこと。面目を保ち、プロフェッショナルな人としての評判を維持するためであれば、直接の会話でもスラックのチャンネルでも、礼儀正しく会話を外れよう。

5. 失敗を受け入れる

新入社員から長年の最高経営責任者(CEO)まで、誰もが間違いを犯す。これは仕事の一環であり、避けられないものだ。失敗は、改善を重ねてより良い存在になるための機会でしかない。間違いを犯すことですぐに尊敬を失うことはないが、ミスへの対処法によって尊敬を失うことはある。ミスを冷静に受け止め隠そうとせず、そこから学ぶこと。自分の失敗を認めれば尊敬を得られるし、ミスを隠せば尊敬を失うからだ。

6. 他者を尊重する

同僚や上司を尊重していなければ、これまでの5つのコツを実践しても限定的な効果しかない。誰も尊重しない人は、誰からも尊重されないからだ。これは自尊心にも当てはまる。自分を尊重できなければ、他者が自分を尊重してくれることを期待できない。

ここに挙げた6つのコツは、ミレニアル世代に限らず誰でも応用可能なものだ。尊敬を得るためには努力が必要だし、一度尊敬を得ても、それまでと同じ努力を続けなければならない。努力を重ねれば、尊敬を維持することができる。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい