閉じる

PICK UP

From Hong Kong, I cover the news during the business day in Asia.

Getty Images

11月11日深夜、世界最大のEコマースの祭典として知られる「独身の日」が始まり、アリババは当日の午後3時49分時点で、取引額が1682億元(約2兆7500億円)を突破したと発表した。

上海で開催されたアリババのイベントにはマライア・キャリーやミランダ・カー、シルク・ドゥ・ソレイユなども登場し、テレビや動画ストリーミングサイトYouku(优酷)ではライブ中継が実施された。

独身の日の売上規模は既に、ブラックフライデーとサイバーマンデーの合計を突破しているが、今年はアリババ創業者のジャック・マーが「世界で最も愚かな事態」と呼ぶ、米中の貿易戦争のへの懸念の高まりのなかで実施された。

アリババは傘下の東南アジアの「ラザダ(Lazada)」を通じ、今年は独身の日のプロモーションをシンガポール、マレーシア―、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムに拡大した。

毎年11月11日に開催される独身の日は、1990年代に南京大学の学生たちが、恋人のいない学生のための集まりを開いたのがルーツだとされている。11月11日は1が4つ並ぶことから、シングル(独身者)であることを祝福するのにふさわしいと考えられた。

アリババは2009年に独身の日のショッピングセールを始動したが、その舵取り役を務めてきたダニエル・チャン(張勇)は来年、ジャック・マーの後継者として同社会長の座を引き継ごうとしている。

ジャック・マーは現在、中国で最も裕福な人物で、資産総額は344億ドル(約3.9兆円)と推定されている。彼は今年9月、2019年に現職を退くと発表していた。

「アリババの経営をダニエルと彼が率いるチームに任せる時がやってきた。今後は次世代のリーダーたちが会社の経営を担っていく」とマーは、従業員や顧客、投資家に宛てた書簡に記した。

ダニエル・チャンはここ10年の独身の日のセールスを押し上げただけでなく、アリババが近年注力する次世代型食品スーパー「盒馬(Hema)」の拡大戦略を担っている。

中国のEコマース分野では競合のJD.comやPinduoduo(拼多多)との戦いも激化していく見通しだ。時価総額が3755億ドル(約42兆円)に及ぶアリババの今後の命運は、新会長のチャンの手腕にかかっている。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい