閉じる

PICK UP

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

「TuSimple」の自動運転トラック(photo courtesy of TuSimple)

自動運転車と聞くと、資金とメディアの注目が集中しているウェイモのミニバンや、ゼネラル・モーターズ(GM)のクルーズ(Cruise)部門、ウーバーなどを思い描くのではないだろうか。しかし、自動運転技術の影響が一足先に現れるのは、もっと大規模で利益も大きい商用トラック業界のほうかもしれない。同業界ではいま、競争が急速に激化している。

ウェイモは物流ビジネスへの参入を計画しており、自社が開発したロボットタクシー用の技術を、「クラス8」トラック(15トン以上の大型トラック)に適用している。しかし、意欲あふれる多くのスタートアップ各社が、商用トラック自動化の先頭に立つのは自分たちだと考えている。

例えば、エヌビディアをはじめとする出資者から8300万ドル(約94億5千万円)の資金を調達している「TuSimple」は、激しい雨が降る状況での自動運転に関しては、ウェイモより優位に立てる可能性があると考えている。

カリフォルニア州サンディエゴに本社を置くTuSimpleは、アリゾナ州ツーソンのテスト拠点で、大手トラックメーカー、ピータービルト社製トラックを改造した車両で試運転を行っている。この自動運転トラックには、TuSimpleが独自に製造した、レーザー光を使ったLiDAR(Light Detection and Ranging)センサーや、カメラ、レーダー、コンピューター、ソフトウェアが搭載されており、同社は、遠くまで知覚できる技術と、豪雨下での運転性能を完成させることに力を注いでいる。

アリゾナ州南部では、「モンスーン」の季節になると、土砂降りの雨で道が滑りやすくなる。積み荷を満載すると最大でおよそ36トンもの重さになる車両は特に、運転したり停止したりするのに危険が伴う。

TuSimpleが2018年10月30日に公表した動画には、見るからに大雨が降るツーソン郊外の公道を、同社のトラックがスムーズに走行する様子が映し出されている。運転席から前方を映した映像を見ていると、乗っている技術者は何の操作もしていない。それでも、トラックは濡れた道を走りながら、前方に割り込んでくるほかの車に対応し、赤信号では停止し、踏切では貨物列車が通過するのを待っている。

ウェイモのロボットカーも、小雨が降るなかで走行できる。しかし、同社は先ごろ、緊急時の対処法を説明したガイド「Emergency Response Guide and Law Enforcement Interaction Protocol」を公表。そこには、「豪雨や降雪、路面凍結などの悪天候」の下では機能が制限されると明記されている。ウェイモの広報担当者に確認したところ、ガイドの内容は変更されていないと述べた。

トラック業界に大きな好機を見出しているのは、ウェイモやTuSimpleだけではない。ダイムラーやEmbark、Starsky Robotics、Kodiak Roboticsのほか、Kache.ai(ウーバーやグーグルの元エンジニアであるアンソニー・レバンドウスキーとつながりがあると見られる、ステルスモードのスタートアップ)も、この市場をねらっている。

翻訳=遠藤康子/ガリレオ

あなたにおすすめ

合わせて読みたい