Close RECOMMEND

I cover the business of music and entertainment.


デジタル収入は全体のわずか13%

しかし、デジタルからもたらされるロイヤリティは全体のわずか13%であり、放送やライブ、BGMからの収入に遠く及ばない。CISACは「デジタル経由で届けられるコンテンツのボリュームと、クリエイターが得るリターンの間には巨大な乖離が生じている」と述べた。

米国の「モトリー・クルー」のニッキー・シックス(59)や、「ブロンディ」のデボラ・ハリー(73)らも同様な考えで、このままでは新人アーティストが音楽で生計を立てるのは難しいと主張している。彼らもまた、グーグルやユーチューブが音楽家の暮らしを脅かしていると述べた。

2017年のロイヤリティ額の地域ごとの内訳は、欧州がトップで総額61億ドル。前年から5.7%の増加だった。続いて、北米が24億ドルで7.3%増。さらに、伸び率が最も高いのはラテンアメリカ及びカリブ海地域で、22.7%増の6億8800万ドルだった。

1926年に設立のCISACはパリに本拠を置き、世界の239の加盟団体の収益データを管理している。そこには123カ国の400万人以上のアーティストのデータが含まれている。CISACは非営利組織として運営されている。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい