Close RECOMMEND

PICK UP

フォーブス ジャパン コミュニティプロデューサー

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」やスマートEC「BASE」などを立ち上げ、約50社のスタートアップ・ベンチャー投資も行っている家入一真氏のツイートが話題を呼んでいる。

11月8日16時現在、599リツイート、2727いいね!されている。彼が経営者として「後回しにされがち」な広報・PRと社長自らによるストーリーテリングを大切にするのはなぜなのか、Forbes JAPAN編集部はその真意を聞いた。

社員やユーザーは、起業家が語る「物語」のいち登場人物になりたい

──ツイートに書かれているように、小さい組織であればあるほど、直接的な利益に繋がらない広報・PRは「後回しにされがち」です。広報やPRを外部委託している企業もたくさんいます。家入さんが「むしろ重要」と言っているのはなぜでしょうか。

今や「こんな会社立ち上げたよ・サービス立ち上げたよ〜」というアナウンスだけでは、ユーザーや社員は集まらない時代です。

これだけモノやサービスに溢れた世界の中で、わざわざ新しく起業する「意義」に欠けたものは、誰からも選ばれない。哲学や思想を持った起業家が語る「物語」のいち登場人物になりたくて、ユーザーや社員は集まるのではないでしょうか。

そういった意味で、起業家はストーリーテラーであるべきだし、それを広く伝える役目である広報は、熱量という圧力が最大に高まっている小さな組織のうちから、むしろいるべきであると僕は思います。

ユーザー獲得においても、採用においても、そして文化づくりとしての社内広報としても、とても大事な役割であるはずです。

文=井土愛梨沙

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい