Close RECOMMEND

PICK UP

.

VTT Studio / shutterstock

2017年11月に、元プロゲーマーのMatt Nadeshot Haagは自身がCEOを務めるアパレル企業「100 Thieves」が、クリーブランド・キャバリアーズと住宅ローン融資会社「クイックン・ローンズ(Quicken Loans)」のオーナーのダン・ギルバートから数百万ドルの出資を受けたことを発表した。

Haagは得た資金を使い、わずか1年足らずで100 Thievesをeスポーツ業界で最も注目されるブランドの1つへと成長させた。そして今回、彼は新たに複数の著名人とパートナーシップを締結したことを明らかにした。

100 Thieves は10月23日、「SB Projects」創業者のスクーター・ブラウン(Scooter Braun)と、グラミー賞受賞者で人気ラッパーのドレイク(Drake)が主導したシリーズAラウンドを完了したことを発表した。ブラウンとドレイクは100 Thievesの共同所有者となる。

ジャスティン・ビーバーやアリアナ・グランデのマネジャーを務めたブラウンは、これを機に100 Thievesの取締役に就任する。このラウンドには、他にもセコイア・キャピタルやWondrCo、マーク・ベニオフ、ドリュー・ヒューストン、Green Bay Ventures、Tao Capital、Advancit Capitalが参加した。

今回のラウンドの結果、100 Thievesの累計調達額は2500万ドルに達した。新たに調達した資金は、コンテンツチームの増強や人材の獲得、アパレルラインの拡充などに充当するという。

100 Thievesは、設立当初からライフスタイルブランドを目指していた点で他のeスポーツ企業とは大きく異なり、ブラウンとドレイクはHaagのビジョンの大きさに魅了されて出資を決めたという。同社はデザインと製造を自社で行っており、これまで4回発売した製品は全て20分以内に売り切れた。

「Haagは、eスポーツが目指すべき方向性や、素晴らしいブランドを構築するための明確なビジョンを持っている。だからこそ、彼と100 Thievesに賭けてみたくなった」とブラウンは述べている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい