応募 閉じる

PICK UP

I write about interesting Chinese companies

bfwhsm3 / Shutterstock.com

テクノロジー分野で世界の覇権を狙う中国は、米国のバイオテクノロジー関連のスタートアップにも、記録的な規模の投資を行っている。ピッチブックのデータによると、米国では非上場のバイオテックスタートアップによる資金調達額が、今年9月時点で97.6億ドル(約1兆100億円)に達し、昨年実績の81.9億ドルを既に上回った。

このうち、中国の投資家による出資額は30%近くを占める。昨年実績の28%からは微増だが、2016年実績の3%から大幅に増えている。

中国政府は投資額の増加により、より多くの海外企業が製品やサービスを、中国にもたらすことを期待している。米中貿易戦争が過熱し、両国間の関係には不確実性が増しているが、バイオテック業界への影響はこれまでのところ出ていない。

ここ数年、中国政府は医薬品市場の開放を推進しており、医薬品業界は昨年1230億ドルもの売上をあげた。中国は、これまでジェネリック医薬品や模倣薬の開発で知られてきたが、産業政策「中国製造2025」を打ち上げ、ロボティクスやAIと並んでバイオテックの分野でも2025年までに世界のリーダーになることを目指している。

「最近、中国は抗がん剤の関税を撤廃した。これは、米国の医薬品を中国に輸入する意思のあらわれだ」と上海のコンサルタント会社「L.E.K.」でマネージング・パートナーを務めるHelen Chenは指摘する。

米国のスタートアップも、中国での新たな事業機会に目を向け始めている。がん患者の細胞組織や診療記録を分析し、世界中の治療や臨床試験とのマッチングを手掛ける「Driver」は、9月から米国と中国で患者の登録を開始した。

Driver の設立は2年前で、香港のビリオネア、李嘉誠の投資会社「Horizons Ventures」などから累計で9000万ドル以上を調達している。

「中国にはがん患者が多く、我々にとっては大きなチャンスだ」とDriverの共同創業者Will Polkinghornは述べている。

中国の投資ラッシュによってスタートアップの評価額が高騰する一方で、バイオテックセクターのリスクを理解していない投資家も存在する。ピッチブックのデータでは、米国ではアーリーステージのバイオテックスタートアップに対する投資額の中央値が2500万ドルに達し、2017年からほぼ倍増している。さらに、アジアの投資家が1名でも出資に参加したスタートアップに限定すると、この値は1億1200万ドルまで跳ね上がる。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい