応募 閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

右側の写真右上から:スリム・デラックス・ポートフォリオ、エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ、スリーウェイ・ブリーフ

機能性だけでなくスタイリッシュさも兼ね備えた鞄。そんな魅力をもつトゥミのビジネスバッグは、ビジネスパーソンにとってまさに理想的な鞄ではないだろうか。例年すぐに完売するというホリデーシーズンの日本限定「リミテッド エディション」3モデルが今年も発表された。

一年の節目に自分へのご褒美として、機能性だけでなく華麗なデザインの良質な鞄を1つ持つのはいかがだろうか。またスペシャルなクリスマスプレゼントとしても喜ばれるだろう。

2018年版は、ブランド初の日本限定モデルとして2002年に発売された「リミテッド エディション2002」のアーカイブデザインをモチーフに、トゥミのアイコニックなバリスティックナイロン素材のAlphaコレクションから、「スリム・デラックス・ポートフォリオ」、「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」、「スリーウェイ・ブリーフ」の3型をラインアップした。


「リミテッド エディション2018」では、2002年当時のデザインから、グリップ部分にレザーをあしらったナイロンのハンドル、内装の深紅のライニングなどが再現されている。「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」および「スリーウェイ・ブリーフ」はフロントの4つポケットデザインが再現された。

3モデルをそれぞれ詳しく見てみよう。


「エクスパンダブル・オーガナイザー・ブリーフ」



ペットボトルや傘の収納に適した、防水加工を施したポケットを含む4つのフロントファスナーポケットが印象的だ。メインコンパートメントの前後に、さっと物の出し入れができるマグネット開閉式の収納スペースを備えた。荷物が多い日も使える、マチ拡張機能付きの万能ブリーフだ。(H32 x W40.5 x D9cm 60,000 円)

「スリーウェイ・ブリーフ」



背面に格納されたバックパックストラップでバックパックに、付属のショルダーストラップで肩掛けにと、シーンに応じて異なる使い方ができる機動性あふれる汎用性の高いスタイル。背面には、ノートPCとタブレット両方を同時に収納できる専用コンパートメントを備えている。(H30.5 x W42 x D15cm  69,000円)

「スリム・デラックス・ポートフォリオ」

2002年当時の人気スタイルをアップデート。シングルコンパートメントのブリーフだ。パッドで保護されたタブレット用ポケットやファスナーポケット、フロントのU字型ポケットにはオーガナイザーパネルを搭載、薄マチながらも高い機能性を備えている。(H30.5 x W40.5 X D6.25cm 43,000円)

「リミテッド エディション2018」は、2018年11月9日より全国のトゥミストアおよび公式ウェブサイトTUMI.co.jpで発売予定。問い合わせはトゥミ・カスタマーセンター(☎︎0120-006-267)

文=飯村彩花

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい