Close RECOMMEND

PICK UP

Data journalist covering technological, societal and media topics

ronstik / Shutterstock.com

米サウスカロライナ州では今週、ある人がわずか一夜にして15億ドル以上を持つ億万長者になった──。

6つの数字を選んで購入する宝くじ「メガミリオンズ」の運営組織は10月24日、「ジャックポット(大当たり)」が1枚出たと発表した。当せん金額は15億3700万ドル(約1725億円)だった。

当たりくじが購入されたのは、同州グリーンビル郡のシンプソンビルにあるコンビニエンスストア、KCマート。数字6つ全てを当てる確率は、およそ3億3000万分の1だった。

今回の当せん金額は、これまでの最高額である2016年1月の15億8600万ドルに迫っていたが、記録を更新するには至らなかった。その史上最高額となった宝くじ「パワーボール」の大当たりの賞金は、テネシー、カリフォルニア、フロリダの各州でくじを購入した人たちが3等分した。

また、昨年行われた「パワーボール」の抽選では、史上3番目となる高額当せん者が出た。マサチューセッツ州でくじを買った1人が、7億5870万ドルを手にしている。

今回の当せん者は「不明」

サウスカロライナ州でくじを購入し、今回の当せん者となった人の身元は、今後も謎のままとなるかもしれない。同州は、当せん者が希望すれば匿名とすることを認める7州のうちの1つだからだ。

当せん者は賞金のうち8億7780万ドルを即時払いで受け取るか、29年間の分割払いで全額を受け取るかを選ぶことができる。

過去の宝くじ当せん金額トップ10

1. 2016年/15億8600万ドル(約1780億円)

2. 2018年/15億3700万ドル(今回、約1725億円)

3. 2017年/7億5870万ドル

4. 2012年/6億5600万ドル

5. 2013年/6億4800万ドル

6. 2013年/5億9050万ドル

7. 2012年/5億8750万ドル

8. 2015年/5億6400万ドル

9. 2018年/5億5970万ドル

10. 2016年/5億3600万ドル

出典:CNN、CNBC

編集=木内涼子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい