Close RECOMMEND

PICK UP

I write about tech, media, culture, and science.

Tero Vesalainen / Shutterstock.com

来年にはIPOを控えるウーバーから、またもや重要幹部が退職することが明らかになった。10月22日、複数のメディアがウーバー幹部のCameron Poetzscheが辞職したと伝え、ウーバーもこれを認めた。

Poetzscheは外部企業との提携業務の担当役員だったが、今後は新CFOのNelson Chaiが彼の業務を引き継ぐという。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、約1カ月前にPoetzscheのセクハラ問題について伝えていた。記事によると、2017年のコンプライアンス調査の結果、Poetzscheが同僚の女性に関する性的なコメントを述べ、セックスの相手にしたい人物の名をあげていたことが発覚したという。また、「同意を得た上の性交渉」もあったようだが、これはウーバーの社内規定に違反しているという。

調査結果を受けてウーバーはPoetzscherに訓戒処分を与え、ボーナスを減額した。その後、社内トレーニングを受けた後に業務に復帰。彼はファイナンス部門の主任に昇任し、ダラ・コスロシャヒCEOの直属の部下となった。しかし、新CFOとしてChaiの採用が決まった後、彼はそのポジションを失ったという。

Poetzscherは2014年にウーバーに入社し、コーポレート・デベロプメント部門のバイスプレジデントとして、外部との提携話をまとめてきた。東南アジア事業の売却や、ソフトバンクからの77億ドルの出資案件を担当したのも彼だった。

過去2年の間、ウーバーは様々なコンプライアンス上の問題に直面してきた。今年に入っても、人事部門のトップが社内の人種差別問題が報道された後に会社を去った。また、5月にはCNNが「過去5年間で100名以上のウーバーの運転手が乗客をレイプした」と報道し、世論の強い批判を招いた。

Poetzscherは9月のWSJの取材に対し、彼が昨年末にウーバーから「適切な指導」を受けたと述べていた。また、「過去の行いを深く後悔している」ともコメントしていた。

Poetzcherの辞職が報道された後、ウーバーの広報担当はメディアに対し声明を発表し、「彼が4年半の間、ウーバーに勤務してくれたことを感謝している」と述べた。

フォーブスはウーバーにさらなるコメントを求めたが、現時点で回答は得られていない。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい