閉じる

PICK UP

I write about innovation trends in global hotspots.

会場となった「スコルコボ・イノベーションセンター」(Anton Gvozdikov / Shutterstock.com)

ロシアの首都モスクワでは10月16日から今年で7回目を迎える「オープン・イノベーション・フォーラム」が開催され、スタートアップ企業関係者が集まった。

会場となったのはモスクワの郊外のSkolkovo(スコルコボ)と呼ばれる地域。2010年にロシア政府は「スコルコボ・イノベーションセンター」を開設し、このエリアはロシア版シリコンバレーと呼ばれている。

スコルコボ・イノベーションセンターでは、ロシアと中国の2国よる共同出資プロジェクトも進んでいる。両国の政府系投資機関が2012年に共同で立ち上げた「ロシア中国投資基金 (RCIF) 」は、今回のフォーラムでロシアのベンチャーキャピタル「Skolkovo Ventures」に対し、約2300万ドル(約26億円)を出資することを発表した。RCIFは、2012年にロシアと中国が10億ドルずつを出資して設立された。

中国とロシアは資金面でもイノベーション面でも連携を深めている。Skolkovo Venturesは北京に拠点を開設し、清華大学のサイエンスパークとも提携。アリババなどのテック業界大手ともパートナーシップを結んでいる。

今回の会議ではファーウェイがSkolkovo Venturesと提携し、イノベーションセンター内の5Gネットワークの整備を進めることもアナウンスされた。

スコルコボ・イノベーションセンターには、2000社近いスタートアップ企業が集結している。「ロシアのテクノロジーは、ソ連と中国が共同でミサイル開発を進めた1950年代から、中国でリスペクトされていた」と現地企業「CDNVideo」のCEOを務めるYaroslav Gorodetskyは話した。

CDNVideoは昨年、中国のテクノロジー企業「網宿科技(Wangsu Science & Technology)」に買収された。

一方で、自動運転分野で注目を集めるロシア企業が「Yandex(ヤンデックス)」だ。ロシア版グーグルと呼ばれるYandexは、ロシアの検索分野のトップ企業で、グーグルや中国のバイドゥと同様に、自動運転分野に進出した。

Yandexは現在、Skolkovo Venturesと共同で、イノベーションセンター内で自動運転車のテスト走行を行っている。

今回のオープン・イノベーション・フォーラムのカンファレンスには、ロシアのメドヴェージェフ首相や、モスクワ市長のセルゲイ・ソビャニンも参加。Yandex創業者のアルカディ・ヴォロズも、デジタル・エコノミーやスマートシティ、教育やヘルスケア分野のイノベーションについての講演を行った。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい