閉じる

PICK UP

起業家たちの「頭の中」

アトラエ代表取締役 新居佳英

求人メディア『Green』やマッチングアプリ『yenta』など、オリジナリティあるサービスを次々と展開し、成長を遂げてきたアトラエ。社員の意志を最大限尊重する組織文化でも知られ、2016年6月に東証マザーズへ上場、2018年6月に東証一部への市場変更も果たした。同社代表取締役の新居佳英氏に、起業家の素養や、組織文化のつくり方などをドリームインキュベータの下平が聞いた。(全6話)

経営者として「関わる人たちを幸せにする」

──起業家にとって重要な素養を3つ挙げるとすると何でしょうか?

3つ挙げるとするならば、「志」「人間性」「ストレス耐性(メンタルタフネス、自信があること、楽観的なこと)」でしょうか。

まず1つ目の「志」が必要なのは言うまでもありません。

起業家は何かを実現したいという「志」があって、それを実現するために、正直に言いますと勝率の低い勝負をするわけです。お金儲けだけを考えれば、世の中にはもっと簡単な勝負の仕方があるでしょう。弊社もリーマンショックを経験していますが、あの時に「志」が無かったら、さっさとやめて就職していた方が良かったと思います。

勝率を度外視してでも、人生を賭けて勝負を仕掛ける。その中で困難を乗り越えていくためには、「志」が原動力になるのは間違いありません。



2つ目は「人間性」です。起業家には「志」があって、そこに紐づいて集まった人達とその「志」を実現していくわけですが、この集まった人たちが「志」に向かいながらそれぞれが幸せになる道を作るのが経営者の役割です。

「関わる人たちを幸せにする」ためには、経営者の「人間性」が不可欠です。経営者が私利私欲に走れば、結果的に「関わる人たちの幸せ」がないがしろにされることでしょう。そのため「人間性」、人としての器、みたいなものは重要な素養だと思います。

3つ目の「ストレス耐性」ですが、「志」があっても、人ですから心が折れてしまうことがあります。

私の場合は元々ストレス耐性が高い方で、基本的にポジティブですし楽観的。これまで色々と苦労はしましたが、心が折れたことはありません。

もう少し噛み砕いていうと、長期的には「志」を成し遂げられるはずだという、根拠はないですがとにかく「自信」を持っています。基本的には大枠楽観的でいられますし、諦めなければ夢は叶うはずだと信じ続けることが出来ています。極論、勝つまで続けることができれば、負けることはありません。「バット100回振っても打てないけれど、次はなんだか打てる気がする」と考えられるようなポジティブな発想が、起業家には必要だと思います。

文=下平将人 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

あなたにおすすめ

合わせて読みたい