閉じる

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

主演を務めたレディー・ガガとブラッドリー・クーパー(Photo by Karwai Tang/WireImage)

英国のアルバムチャートでレディー・ガガとブラッドリー・クーパーが主演を務める映画「アリー/ スター誕生(A Star Is Born)」のサウンドトラックが、初登場1位に輝いた。

12月21日には日本公開を控えるこの映画で、ブラッドリー・クーパーは落ち目のロックスターを演じ、その歌声を初めてレコーディングした。一方で、英国アルバムチャートで首位を獲得したガガのアルバムは、これが4枚目になる。

「アリー/スター誕生」は歌手を夢見る少女アリー(ガガ)が、有名ロック歌手のジャクソン(クーパー)に才能を見いだされ、スターダムへ駆け上っていく物語。1937年に「スタア誕生」として初めて映画化され、1976年にはバーブラ・ストライサンド主演のリメイク作品が公開されていた。今年デビュー10周年を迎えるガガが、新境地に挑んだ作品としても注目されている。

ガガが初めて全英アルバムチャートで1位に立ったのは、2008年の「The Fame」だった。その後の「Born This Way」や「Artpop」でも首位を獲得し、「Joanne」やトニー・ベネットとのコラボ作品「Cheek to Cheek」でも大きな注目を浴びた。

今回のサウンドトラックの人気を押し上げたのは先行シングルの「Shallow」で、現在シングルチャートの6位に浮上。ガガにとって12曲目、クーパーにとっては初のトップ10入りの楽曲となった。

アルバム「アリー/スター誕生」はサウンドトラックアルバムとしては英国で、ミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」や「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」に次いで3番目に人気の作品となっている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい