閉じる

PICK UP

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

BMW X4

正直に言おう。いま、SUVというジャンルは最もホットなカテゴリーだ。そんな急増する需要に応えようと、このところ、これまでは思いもつかなかったメーカーもSUVに乗り出している。ランボルギーニ、マセラティ、ジャガー、アルファロメオ、ベントレーやロールスロイス、そして来年にはアストンマーチンも。まさに、皆が作っている。

それでも、SUVにはどうも乗りたくないというか、SUV自体に抵抗のある人も沢山いる。ところが、そんな人たちにぴったりクルマがある。それがBMW X4だ。

SUVでもないし、クーペでもない。その中間だ。これはSUVではなく、「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」だと、BMWとメルセデスベンツは主張する。

この人気上昇中のSAC市場を見ると、2種類の主な顧客層が現れる。ひとつは、お父さん層。本当はスポーツクーペに乗りたいけど、家族、特に奥さんが許可してくれないので、SACに乗らざるを得ない。もう一つは裕福な若いカップル。X4のスポーティ感と格好いいイメージに惹かれて乗るようだ。



ではX4は、どんなクルマなのか。ストレートに言うと、このデザインは好き嫌いが激しく分かれると思う。どデカい21インチのタイヤを履いたマッチョなSUV的な下半身に対して、上半身はスポーティなクーペの匂いがする。その組み合わせが格好いいと言う人もいれば、どうも苦手だと考える人もいるだろう。

でも、乗ってみると、人気の理由がわかる。実を言えば、僕は初めて乗ったとき、まるで映画「マッド・マックス」に出て来そうな雰囲気だと思った。こんな大きなタイヤに、SUVらしい高めの車高、筋肉質なボディ、溢れるエンジンパワー、近未来的なイメージ、さらにスポーツカーに近いハンドリング。まさに、「マッド・マックス」の砂漠のサバイバルレースにぴったりのプロポーションと性能だ。

僕が乗った仕様は、X4 M40iという最高級のハイパフォーマンス仕様。355hpを叩き出すツインターボの直列6気筒エンジンの0-100km/hの加速タイムはなんと、4.6秒。シームレスなシフトをしてくれる8速A/Tとマッチングしているこの直6は、どうみてもX4の最も目立つ特徴。やはり、BMWの直6は良い!



津波のように引き寄せるエンジン力はドライバーを豊かな気分にする。間違いなく業界でトップクラスのパワー感とフィーリングと“ブオォーン”というシブい音も褒めるしかない。ただ、その音をより強調するために、スピーカーを通していることはちょっと余計かもしれない。まるで、醤油を穴子寿司につける感じというか……醤油をかけなくても、タレがついた穴子寿司はそれで十分美味しいからね。

文=ピーター・ライオン

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい