閉じる

PICK UP

キャリア、求職活動及び労働人口の中のミレニアル世代について執筆

ESB Professional / Shutterstock.com

あなたは自分が正しいキャリアパスを歩んでいるかどうかについて、ふと立ち止まって考えたことがあるだろうか? 私はある。20代前半で、テロ対策専門家からキャリアコーチに転身し、劇的なキャリアの変化を経験した時だ。長い時間をかけて構築し、努力を重ねてきたキャリアが自分に合っていないことに気付くことはつらかったが、自分にとって正しいキャリアパスを見つけたことには驚くほど満足できた。

完璧なキャリアは一晩のうちに見つかるものではない。本当に正しい道を見つけるのには時間がかかるかもしれない。あなたは「何が正しいキャリアなど、どうすれば分かるのだろう?」と思っているかもしれない。

幸運なことに、私自身もこうした状況に置かれたことがあるため、その経験から皆さんを支援することができる。

行き詰まっている、確信が持てない、混乱しているといった場合でも、心配する必要はない。心から満足できるキャリアを発見するステップは次の5つだ。

1. キャリア診断を行う

成長したら何になるべきかを見極めるキャリア性格診断を受けさせられたことはあるだろうか? ばかげたものに見えたかもしれないが、適切なキャリア診断は、キャリアパスを発見する上で非常に役に立つツールになり得る。どこから始めれば良いか分からない場合はなおさらだ。キャリア診断には2つの要素がある。

一つ目に、キャリア診断はきちんとした信頼できるものでなければならない。そのテストで計測できるとされているものを実際に計測でき、何度か試しても一貫した結果が出るものだ。

また、どのようにすればその結果をうまく活用できるかを知るべきだ。キャリア診断は、見込みのあるキャリアを書き出すだけではなく、見識と自己観察の開始点として活用することもできる。キャリア診断は近道ではなく、一つのツールであることを覚えておくように。活用するかどうかはあなた次第だ。

2. 選択肢のリストを作る

あなたは、決断をする必要性に圧倒されているだろうか? 自分の望みを正確に把握しているかどうかは別にして、どのようにそれを達成するかを理解することは難しい。夢のキャリアを見つけるには、最善のルートを見つけるために選択肢を慎重にふるい分ける必要がある。

仕事の機会や教育、キャリアパスが実現可能なものかどうかはさておき、選択肢を全てリスト化しよう。全てを書き出したら、適切ではないものを明確にし、目標を絞ることができる。できるだけ多くの選択肢を作ること。また、選択肢を良いものから悪いものへとランク付けしたり、似通ったものを組み合わせたりすることもできる。

翻訳・編集=出田静

あなたにおすすめ

合わせて読みたい