閉じる

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

ジャスティン・ビーバー(Photo by Kevin Mazur/Getty Images)

ジャスティン・ビーバーはスポティファイにおいても絶大な人気を誇り、2017年12月にはシングル「Sorry」の再生回数が10億回を突破。彼はスポティファイで10億再生突破を果たした、5人目のアーティストとなっていた。

そのビーバーがまた新たな記録を打ち立てた。ジャスティン・ビーバーをボーカルにフィーチャーしたDJスネークのシングル「Let Me Love You」の再生回数が10億回を突破したのだ。DJスネークは2015年のMajor Lazer、MØとのコラボ曲「Lean On」でも10億再生を達成しているが、ビーバーはスネークの記録を大きく上回っている。

「Let Me Love You」はビーバーにとって4曲目の10億再生超えの楽曲であり、彼はこの記録を達成した史上初のアーティストとなった。実際のところ、3曲で10億再生を突破したアーティストは他におらず、ビーバーに次いで再生回数が多いアーティストらは、2曲で10億再生を突破している。

「Sorry」で初の10億再生超えを記録したビーバーは、今年2月に「Love Yourself」でもこの記録を達成。当時、2曲で10億再生を記録したアーティストはエド・シーランとビーバーのみだった。

その後、ビーバーがボーカルで参加したルイス・フォンシとダディー・ヤンキーによる楽曲「Despacito」が10億再生を突破し、彼は史上初の3曲で10億再生超えを達成したアーティストになっていた。

ビーバーの勢いは当分続くと見込まれ、彼が5曲目を10億再生超えに送り込むのも時間の問題といえそうだ。また、その先には6曲目の10億再生突破も視野に入っている。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい