Close

PICK UP

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

WRCで、優勝に向かって トヨタ・ヤリスが飛ぶ

トヨタにとって、2018年はいろいろな意味で記念すべき年になりそうな気がする。同社を代表する新型カローラ、クラウン、センチュリーが登場し、先日トヨタとソフトバンクは提携し、新しいモビリティサービスの構築に向けて、無人タクシーとEVの自動運転車の宅配を手がける新会社を設立するという重要なニュースがあった。

どれも大きなニュースだが、それらを上回って、一般人の関心を独占しそうなのは、今年のトヨタのモータースポーツの成績だと思う。どう見ても、2018年は今までで最高の年になりつつあるからだ。

すでにご存知のとおり、6月のルマン24時間レースで念願の初優勝を果たし、WRC(世界ラリー選手権)ではついに年間チャンピオンの優勝争いの段階まで成長した。さらに、アメリカの名門NASCAR (ナスカー)でも、トヨタが今、チャンピオンシップに向かってランキングの1位をキープしている。これだけの異なったレースのカテゴリーで同年にトップ争いをするのは初めてだ。

もちろんトヨタは、各国で F1、ラリー、WEC、ナスカー、インディカー、スーパーGT、スーパー・フォミュラーなどに参戦してきている。これまでは、その中で大成功があったり、失敗もあったりだった。


トヨタがルマン24時間レースに初優勝を飾る瞬間

たとえば、90年代初頭、 WRCでトヨタは5回ほどマニファクチャーズ(メーカー)のトロフィーも獲得し、ドライバーのタイトルを3回ゲットした。それに対して、2002年から2009年まではF1に参戦し、莫大な資金を費やしたものの、一回も優勝できなかった事実は、僕の欧米の同僚の間でもかなりひんしゅくを買った。

とはいえ、 実はトヨペット・クラウンが豪州一周ラリーに日本車として初参戦した1957年から、トヨタには輝かしい歴史がある。1966年にはトヨタ2000GTがスピード・トライアルで3つの世界新記録を達成した。1968年にはトヨタ7が日本GPにデビューし、1984年はトヨタ・セリカでサファリ・ラリーで総合優勝を飾った。

2002年はローラ・トヨタがアメリカのCART選手権にダブルタイトルを獲得し、2003年にはGフォース・トヨタが同国のIRLインディ500に日本メーカーとして初制覇を果たした。しかし、今までこのような優勝はバラバラで、一年に複数のタイトルをとることはできなかった。2018年までは、ね。

ところが、今年、トヨタ車はとにかくすごい勢いで各カテゴリーの1位を争って優勝候補になっている。だから、今年はこれまでのトヨタのモータースポーツ史上「最も成功の年」になるのではないか。欧州、アメリカ、日本などの選手権で、トヨタ車がチャンピオンになる可能性が強いのだ。

文=ピーター ライオン 写真提供=トヨタ自動車

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい