閉じる

PICK UP

Fighting Pseudoscience

Africa Studio / Shutterstock

長生きするための最善の方法は、テニスをすることかもしれない。日常生活に取り入れることで、平均余命を10年近く延ばす可能性があるという。

運動が長生きに効果的だということは、すでに過去の研究で明らかにされている。例えば、米国で1989年から行われているコホート研究、「心血管健康研究」の参加者に関するデータを基に行った調査では、75歳以上の人が運動をすると、健康寿命が1~1.5年長くなるとの結果が示されている。また、ジョギングやウォーキングをした場合の効果を調べた別の複数の研究でも、平均余命への影響が確認されている。

新たな調査結果を発表したデンマークと米国の研究者からなるチームは、デンマークで行われている大規模なコホート研究「コペンハーゲン市心臓研究」の健康な参加者2万人のうち、1990年代初めに研究に参加した人を特定した。さらに、設定したさまざまな条件に該当する8577人を対象として抽出。平均余命への影響を明らかにするのに十分な期間といえる約25年間の行動について、調査を行った。

研究チームが調査対象としたスポーツは、以下の8種類だ。ジムでのエクササイズには、トレッドミル、クロストレーナー、ウエイトを使ったトレーニングなどを含む。

調査の結果、テニスをしていた人の平均余命は、運動不足の生活をしていた場合より9.7年長くなっていたことが分かった。その他のスポーツによって延長された平均余命の年数は、次のとおりだ。

・テニス/9.7
・バドミントン/6.2
・サッカー/4.7
・サイクリング/3.7
・スイミング/3.4
・ジョギング/3.2
・徒手体操/3.1
・ジムでのエクササイズ/1.5

研究チームは、テニスにこれほどの効果があるとは意外だったと述べている。また、運動する時間の長さと効果の大きさの間に相関関係がみられなかったことも、驚きの結果だったという。実際のところ、運動に最も長い時間を費やしていたのは効果が最も小さかったスポーツジムでのエクササイズをしていた人たちだった。

編集=木内涼子

あなたにおすすめ

合わせて読みたい