Close

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

       

ラッパーのエミネム(Photo by Barry Brecheisen/WireImage)

米ビルボードのシングルチャートHot 100では現在、ドレイクの「イン・マイ・フィーリングズ」が9週連続で1位の座を守っている。そのドレイクを抜けず1か月以上も2位にとどまっているのがカーディ・Bの「ガールズ・ライク・ユー」だ。

3位には同じくカーディ・Bの「アイ・ライク・イット」が入っている。この曲は1週だけ1位に入り、カーディ・Bとしては2回目のチャートトップとなった。4位はニッキー・ミナージュをフィーチャーした6ix9ineの「FEFE」。5位のポスト・マローンの「ベター・ナウ」と順位が入れ替わった形だ。

そして、今週のトップ10に2曲を同時に送り込んで注目を集めているのが、エミネムだ。エミネムの新アルバム「カミカゼ」は全米アルバムチャートBillboard 200で初登場1位を記録。シングルチャートでは6位に「ラッキー・ユー」を、8位に「ザ・リンガー」を送り込んだ。

この2曲は、エミネムがトップ10圏内に送り込んだ18曲目と19曲目のシングルになる。エミネムが突然発表した「カミカゼ」は大きな話題となっており、20曲目のトップ10入りシングルが誕生するのも、時間の問題かもしれない。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい