Close

PICK UP

I cover leaders and the wellness practices they (should) follow.

sukiyak / Shutterstock.com

あなたは夢の仕事を胸に抱き、履歴書を更新して、面接で聞かれそうな難しい質問への答えも用意し、就職活動の準備は万端な状態かもしれない。しかし、労働市場がどんなに求職者に有利な状況であっても、内定を獲得するまで一度もつらい経験をしなくて済むとは考えにくい。

人材コンサルティング企業ロバート・ハーフの上級エグゼクティブディレクター、ポール・マクドナルドは「私はいつも、仕事を見つけて内定を受ける方が、実際に仕事を遂行するよりも難しいことがあると話してきた」と述べた。「前向きな精神状態を保つには、多大な忍耐力が必要になる」

自分が直面する障壁をコントロールすることはできないかもしれないが、それにどう反応するかは自分で選べる。就職活動は過酷なときもあるが、内定が舞い込んでくるまでレジリエンス(回復力)を維持するために、次のステップを実践しよう。

1. 元気を回復する時間を取る

数週間人脈を当たり、履歴書を送り、面接に通っても何も効果が得られなかった場合、さらに努力を重ね、成功が見えるまで頑張り続けることが本能的な反応かもしれない。しかし、就職活動がどれほど不毛に見えても、しつこく続けることは最終的には非生産なことかもしれない。

組織心理学者で米紙ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家、ターシャ・ユーリックは「就職活動を、食べたり、呼吸したり、寝たりすることはできない」と語る。「現状を忘れる許可を自分に与えること。(…)自分にむち打ったり自己ケアをやめたりしたら、悪循環に陥る」

就職活動について一時的に忘れるのが難しければ、就活のルーティンを作り、自己ケアに時間を割り当てよう。エグゼクティブ指導とリーダーシップのコンサルティング企業、ワーキング・リソーシズ(Working Resources)の創業者で心理学者のメイナード・ブルースマンは「自分を省みてエネルギーを回復するため、マインドフルネスでも瞑想(めいそう)でも、定期的に実践することがレジリエンスにとって最も重要だ」と語る。「一度や二度実践しただけでは効果は現れないかもしれない。しかし、これを習慣とすることで、自分自身についてより心地よく感じることができるようになる」

運動も、精神の健康を強化してくれる。マクドナルドは「多くの人は、就職活動に気を取られてしまうと自分の体をケアしなくなる」と語る。「精神の健康を上向きに保つ方法を見つけることが必要だ。身体的な運動は、それにぴったりだ」(マクドナルド)

翻訳・編集=出田静

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい