Close RECOMMEND

I study technology disruption in individuals, companies and societies.


未来の計画を立てるには、関係する要素全てを包括的に見なければならない。バッテリー生産を増やすには需要が必要で、需要増加のためには使用量が増える必要がある。内燃エンジンに終止符を打つには、電気自動車の販売促進が必要で、もっと多くのバッテリーを生産して、大量生産と学習の経済に到達し、価格を下げる必要がある。

これこそが、カリフォルニア州が2020年以降に新築される家へのソーラーパネル設置義務化を通じて目指していることだ。ソーラーパネルの価格を下げると同時に、家庭用バッテリーの設置を促進するのだ。オーストラリアも、公営住宅を対象に同様の計画に着手しており、4年以内に5万戸にソーラーパネルとバッテリーを設置する予定だ。

電気自動車や新築物件向けソーラーパネル、バッテリーの需要が増えることで、カリフォルニア州では目標の2045年よりも前に100%再生可能エネルギー化を達成できるかもしれない。

今、多くのことが危機にさらされている。まずはエネルギー生産の現状をきちんと理解し、自分たちがすべきことをして現実を直視すれば未来を良くすることができるのだと受け入れることが必要だ。

編集=遠藤宗生

デルレゴテスラRENEWABLE ENERGY
VOL.4

未来は「グリーンエナジーの地政学」を求めている

VOL.6

コンパクトカーもスポーツカーも、業界に本格...

PICK UP

あなたにおすすめ