世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


ランキングのトップ10には、女性選手が4人入った。テニスはその他のスポーツと異なり、女性に男性と同額の賞金を獲得するチャンスが与えられている(米プロバスケットボールNBAの選手は、女子プロリーグWNBAの選手の100倍の収入を得ている)。

テレビで放映される試合の視聴率にも男女差がなく、企業側が女性の一流選手らの姿を目にする機会が多いことも、高額のスポンサー契約が多い理由となっている。

以下、今年6月1日までの1年間の収入が最も多かったテニス選手のトップ10とそれぞれの年収総額(推定)を紹介する。10人の年収は合計2億5400万ドルで、前年比8%減となった。

1. ロジャー・フェデラー/7720万ドル
賞金:1220万ドル エンドースメント契約料:6500万ドル


2. ラファエル・ナダル/4140万ドル
賞金:1440万ドル エンドースメント契約料:2700万ドル


3. 錦織圭/3460万ドル
賞金:160万ドル エンドースメント契約料:3300万ドル


4. ノバク・ジョコビッチ/2350万ドル
賞金:150万ドル エンドースメント契約料:2200万ドル


5. セリーナ・ウィリアムズ/1810万ドル
賞金:6万2000ドル エンドースメント契約料:1800万ドル


6. キャロライン・ウォズニアッキ/1300万ドル
賞金: 700万ドル エンドースメント契約料:600万ドル

7. グリゴール・ディミトロフ/1270万ドル
賞金:670万ドル エンドースメント契約料:600万ドル

8. アンディ・マレー/1150万ドル
賞金:100万ドル
エンドースメント契約料:1050万ドル

9. スローン・スティーブンス/1120万ドル
賞金:570万ドル
エンドースメント契約料:550万ドル

10. ガルビネ・ムグルサ/100万ドル
賞金:550万ドル
エンドースメント契約料:550万ドル

編集=木内涼子 写真=gettyimages

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい