閉じる

PICK UP

I look at the impact of mobile technology and online media.

アップルのティム・クックCEO(Photo by Stephen Lam/Getty Images)

9月の新型iPhoneの発表にあわせて、アップルが低価格のMacBookをリリースするとの見方が浮上した。サプライチェーン関連情報に強い台湾メディア「DigiTimes」によると、MacBookの製造を手がけてきた台湾のQuanta(クアンタ)が、今年の第4四半期に1000万台以上の「安価なノートブック」の出荷を見込んでいるという。

一方で先月、台湾の「経済日報」はアップルがMacBook Airの後継機にあたるモデルに、インテルの第8世代のKaby Lake Refreshプロセッサを採用すると報じていた。

現行モデルのMacBook Airは登場から既に3年以上が経過しており、MacBookの製品群のなかで最も古い機種となっている。MacBook Airの価格は10万円以下となっており、アップルとしてはより高価なMacBookやMacBook Proを押し出していきたい意向なのだろう。

しかし、アップルはこのタイミングでMacBook Airのコンポーネントを刷新し、価格を据え置いたまま、アップデートを行なう決断を下したようだ。新型MacBook Airにはインテルの最新のチップに加えretinaディスプレイが搭載され、中価格帯のWindowsノートPCに対抗する製品になるとみられる。

ただし、今回の新型MacBook Airは価格的メリット以外には、特に特徴のないマシンになりそうだ。新たなイノベーションや驚くような新機能がこの製品に加えられることはないだろう。

アップルがエントリーレベルのMacBook製品に刷新をもたらすことは歓迎したい。ただし、新型MacBook Airは成熟したアップルのエコシステムのなかで、スマートフォンの補助的な役割を果たす製品にとどまるものと思われる。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい