Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

世界中から集まった一流の起業家たちが、こぞって口にするのは「社会への貢献」。なぜ今、彼らは社会貢献を重視するのか、その理由に迫る。


北極と南極という2つの極地にその足でたった世界初の国家元首、それがモナコ公国のアルベール2世だ。だからだろうか? モナコは、世界一流の冒険家を魅了する空気に満ち溢れている。

そんなモナコ公国で、2018年6月13日から17日にわたり、今年で18回目を数える、起業家世界一の栄誉を競う「EY World Entrepreneur Of The Year (以下、WEOY)」が開催された。世界から、厳しい審査を勝ち抜いた、日本を含む46の国と地域の代表の起業家や、その家族、メディア、アラムナイ等、約1000人が一堂に会した。

WEOYでは、単に世界大会の選考・授賞式を行うだけではなく、カンファレンスやグループセッション、ネットワークイベントやエリア別のディナーなどが用意されている。また、イベントが開催される場所もモナコならではの豪華さだ。

オープニングレセプションは、世界のセレブリティたちの社交の場としても有名なモナコオペラ座。パリにあるオペラ座と同じ、シャルル・ガルニエによって設計されたこの会場は、モナコに数ある豪華な建物の中でも特別な存在感を放っている。また、グローバルディナー会場はプールサイド。会場だけでなく、モナコの街並みすべてが、EYのテーマカラーである黄色で埋め尽くされ、国を挙げてのお祭りの様相を呈する。

この世界的イベントを主催するEYは、次世代の産業を活性化させる、成長性の高いアントレプレナーへの支援活動を継続して展開、その活動を通して「Building a better working world」という同社の理念が達成できるとしている。WEOYは、まさにその活動の中核であり、現在、世界65カ国で展開される世界最大級の起業家アワードとなっている。

WEOYでは、複合的な観点から厳選された審査員が起業家を評価し、世界一を選出する。6つの評価基準は、それぞれ、アントレプレナー精神・企業価値の増大・経営戦略の方向性・成長可能性と影響力・イノベーション・社会貢献だ。

審査員には実業界の大物が名を連ね、日本における審査委員長には元ソニーCEOの出井伸之が、世界大会では過去、米国南西部の代表にも選出された経験を持つ、ニクソン・エナジー・インベストメント会長兼CEOのジム・ニクソンが務める。

また、WEOYは成長可能性を持つ企業の表彰に注力しており、既に企業として成熟し、評価の定まっている企業を表彰する通常のアワードとは一線を画す。その証左に、過去、米国大会では、1997年にAmazon、2003年にGoogleといち早く世界で活躍する起業家に目をつけ、その活動を支援してきた。単にその規模だではなく、審査員による評価の信頼性と先見性が、今、世界でもっとも栄誉ある起業家アワードの一つだと見なされている所以だ。

構成=谷本有香 文・写真=小田駿一

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい