Close RECOMMEND

PICK UP

メディアとエンターテイメント担当

1位 スカーレット・ヨハンソン(Photo by Taylor Hill/Getty Images)

今年の「世界で最も稼ぐ女優」ランキングでは、年収4050万ドル(約45億円)を稼いだスカーレット・ヨハンソンが、エマ・ストーンから首位の座を奪取した。

ヨハンソンはマーベル映画『アベンジャーズ』シリーズのブラック・ウィドウ役で多額の報酬を得ており、2017年の収入は前年から4倍に増加。2019年にはシリーズ4作目で再びスクリーンに戻る予定だ。

マーベル・スタジオの社長でプロデューサーのケヴィン・ファイギは昨年、こう述べている。「予算の比率は、特にアベンジャーズ作品ではキャストに大きく傾いている。初期作品では恐らく、特殊効果や物的製作費により予算が投じられていた」

2位はアンジェリーナ・ジョリーの2800万ドル。収入の大部分は『マレフィセント2』への前払い出演料だった。3位はジェニファー・アニストンの1950万ドル。人気ドラマ『フレンズ』終了から14年を経たアニストンの現収入の大半は、エミレーツ航空やボトル入り水ブランドの「スマートウォーター」、スキンケア用品「アビーノ」の広告出演からきている。

4位はジェニファー・ローレンスの1800万ドル。新作の『マザー!』と『レッド・スパロー』はいずれも興行成績が振るわなかったが、『X-メン』シリーズへの出演やファッションブランド「ディオール」との契約で高額の報酬を受け取っている。5位はリース・ウィザースプーンの1650万ドル。新作映画やドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』への出演料でランキングに復帰した。

米国以外からは、オーストラリア出身のケイト・ブランシェット(8位、年収1250万ドル)やイスラエルのガル・ガドット(10位、年収1000万ドル)がランキング入りした。ガドットは映画『ワンダーウーマン』への抜擢で一躍有名女優の仲間入りをし、今年のランキングで唯一の新顔となった。

『ワンダーウーマン』でメガホンを取った女性監督のパティ・ジェンキンスは「この業界には、ターゲットとすべき主な観客層はティーンエージャーの男の子だという強迫観念がある」と指摘。「もっと多様な観客層に訴えなければいけないことをなかなか認められずにいる」と語っている。

2016年の調査によると、映画でせりふが与えられている登場人物のうち、女性の割合はわずか28.7%だ。役柄の不足により、高収入を得られる女優の数も限られてくる。今年、年収が2000万ドルを超えた女優は2人だけで、2017年と16年の3人から減少した。昨年ランク入りしたエイミー・アダムスやシャーリーズ・セロン、そして首位だったエマ・ストーンは、今年の年収が1000万ドルに届かず、ランキングから姿を消した。

年齢を重ねた女優向けの役柄はかなり少ないが、今年ランク入りした女優たちはそのトレンドに逆らい、10人中6人が40歳以上だった。その中には、自ら女性向け役柄を開拓している面々もいる。ウィザースプーンは、製作会社パシフィック・スタンダード(Pacific Standard)とメディア企業ハロー・サンシャイン(Hello Sunshine)を共同設立し、女性を主役に置いた作品の映画化権を取得している。

翻訳・編集=遠藤宗生 写真=Getty Images

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい