Close RECOMMEND

I write with a focus on health and wellness.


4. 罪悪感を捨てる

毎日働くことに慣れている場合、休暇を取るのは不思議な感覚かもしれない。あなたの周りに、休暇を取ることを申し訳なく感じさせようとする人がいる場合は特にそうだ。しかし、そうした罪悪感は捨て去る必要がある。

きちんとした服を着て職場に向かう人も、パジャマを着たまま自宅でブログを書く人も、誰しも休暇を楽しむ資格がある。外部からは落ち着いて全てをうまくこなしているように見えても、実際はそれぞれの人がさまざまな問題を抱えている。一休みして週末をラスベガスで過ごしたい場合は、そうすべきだ。これはあなたの人生だ。誰にも何も証明する必要はない。

5. 支援を求める

ストレスを感じず休暇を楽しむ効果的な方法の一つは、休暇中にあなたの仕事を代わってくれる人を見つけることだ。私は地元の大学で教えていたとき、休暇中の授業を同じ学部の教員に代わりに担当してもらうよう頼んでいた。作業を楽にするため授業計画は私が組み、代理の講師はその場に出向くだけでよいようにした。

あらゆる状況で可能なわけではないが、可能な場合には誰かに留守を頼むことを強く勧める。次に代わってくれた人が休暇に出かけるときは自ら代理を申し出て、ペイ・イット・フォワード(恩送り)を実践しよう。

休暇を取得することにより不安が募ることもある。公式に休暇が与えられない仕事をしているときはなおさらだ。しかし、こうした状況に負けてはいけない。早めに行動し、事前に計画を立てておけば、休暇を楽しみつつ仕事をコントロールすることが可能だ。バランスを取ることが必要になるかもしれないが、しっかり休んで充電して戻ってくるころには、休みに投資した価値があったことに気づくはずだ。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい