Close

PICK UP

ラスベガス発 U.S.A.スプリット通信

(Photo by Vivan Mehra/The India Today Group/Getty Images)

いまアメリカでは、クレジット決済の手数料をめぐって、スーパーマーケットの巨大チェーン店とクレジットカード会社の攻防が激しさを増している。店側としては、手数料の減額に手をつけなければ、通販のアマゾンと価格競争ができないというところまできているという事情がある。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、ウォルマートに次ぐ世界第2位のスーパーマーケットチェーン、クローガー(Kroger)が、ビザカードを拒否する方針だと報じた。まず、8月14日からカリフォルニア州の21の店舗と5つのガソリンスタンドから始めるということだが、ビザはアメリカ市民のサイフがわりともいえるクレジットカードであり、大きな波紋を呼んでいる。

2社が揉めているのは、もちろん決済手数料についてだ。ビザは、クローガー社と交渉が続いていることを認めたうえで、利用客に不便がないよう、最後まで円満解決になるよう努力している、と発表している。

クレジットカードはちょうど100年の歴史があるが、市場原理が働いていることもあり、手数料をめぐって、これほど揉めることは近年までなかった。ウォルマートが自社カードの提携先を、ディスカバーカードからマスターカードに変えるというような動きは以前からあった。

しかし、この動きは、消費者にしてみれば、自社カードでなくとも、どの主要カードでも買い物はできるという意味では、インパクトは大きくなかった。しかし、今回のように、消費者がビザを使用するのを拒絶するというのは、消費者にもクレジットカード会社にも、かなり大きな影響を与えるのは間違いない。

アメックスからビザへの切り替え

実は、この流れをつくったのは2年前のコストコだ。コストコはアメリカで生まれた会員制店舗だが、倉庫売りをアピールする小売店だけあって、各店舗は巨大だ。日本でも、「大量消費による節約感」がウケて、あっという間に26店舗が展開されているのでご存知のことだろう。

もともと、本場アメリカのコストコでは、自社カードか現金でしか支払いを受け付けなかった。クレジット決済手数料の節約が消費者に値下げ還元できるからだ。

ところが、10年ほど前、ついにアメリカン・エキスプレス(アメックス)がコストコに参入する。コストコの顧客は、現金かアメックスで買い物をすることになった。もちろんビザもマスターもコストコでは使えなかった。実は、このディールは、アメックスの会員を飛躍的に伸ばした。

文=長野慶太

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい