閉じる

PICK UP

科学技術の未来、文化について執筆

衛星レーダー画像の技術 / Shutterstock.com

地理空間画像を分析するスタートアップ「Ursa」が7月19日、RRE Venturesが主導した資金調達ラウンドで、570万ドル(約6億3000万円)を調達したと発表した。出資にはPaladin CapitalやS&P Globalも参加した。

ニューヨーク州イサカ本拠のUrsaは合成開口レーダー(SAR)を用いた衛星画像の分析ツールを開発している。同社が現在最も注力している製品が、世界の300か所以上の原油ターミナルと原油の流通経路を、SAR画像で解析するウィークリーレポートだ。

「このような問題の解決に有効なのが、豊富な情報を得られるレーダーからの画像だ。鮮明な光学像でも得られない情報が得られる」とUrsaの共同創業者で事業部長のJulie Bakerは言う。

Ursaは約4年前に、共同創業者で現CEOのAdam Maherのビジョンによって創業された。Maherはもともと衛星や宇宙関連のシステムを開発する「SSL」に勤めていた。ビジネスの新規開拓に取り組んでいた時に、小型レーダー衛星を作るアイデアにとりつかれたという。

「妻を説得して2人で会社を辞めて小型のレーダー衛星を作ることにした」と語る。カリフォルニアからニューヨークのイサカに移った理由の1つが豊富な人材だ。NASAで主任科学技術者を務めていたMason Peckが率いるコーネル大学のスペースシステム研究所もある。

「我々の分野における優秀な人材は北東部に多い」とMaherは言う。「衛星画像が生まれたのもニューヨーク州のロチェスターだ」

Maherは起業するにあたり、データ分析のソフトウェアで経験豊富なBakerに共同創業を持ちかけた。「自分には衛星の知識はあったがソフトウェアの知識はなかった」とMaherは言う。

3人目の共同創業者はSSLで10年近く共に働いていたDerek Edingerだ。

Ursaは数か月にわたり、SAR画像を利用するのに必要なソフトウェアの構築と、独自のSAR衛星の開発を行った。しかし衛星の開発は断念し、解析ツールに注力することにした。解析ツールを作るのに必要なSARのデータがすでに豊富に存在していたことが、同社にとってのアドバンテージとなった。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい