Close

PICK UP

起業家たちの「頭の中」

C Channel 代表取締役社長 森川亮

C Channelは、ファッション、コスメ、料理などで月間再生数6億回の日本最大級の女性向け動画メディア「C CHANNEL」を展開。20〜30代女性からの多くの支持を集め、中国をはじめとするアジア各国(計9か国)における再生が半数を占めている。そんなC Channelの森川 亮氏に、起業家に必要な素養、組織作りなどについてドリームインキュベータ下平が聞いた。(全5話)

「日本を元気にしたい」と思った、LINE社長時代の体験

──起業家にとって重要な素養を3つあげるとすると何でしょうか?

まずは1つ目は「ビジョン」です。

単純にお金儲けや成功したいというモチベーションだけでは、事業を長く続けることができません。長く続けるためには、周囲が共感する「ビジョン」が必要だと思います。

次に、2つ目は「事業力」。

どんな良いことを言葉では言っていても、事業で儲けられないと会社を潰してしまいます。しっかりと事業を推進できる力が必要です。

3つ目は「誠実さ」。

儲けるためだったら何をやってもいいわけではありません。周囲の人がついてくるのは「ビジョン」もありますが、それをやりきる人間性、「誠実さ」が最終的には必要不可欠です。ビジョンを掲げるだけでなく、そこに誠実に向き合い続ける姿勢が大切です。


C Channel株式会社 代表取締役社長 森川亮

──1つ目の「ビジョン」について、C Channelの創業時の「ビジョン」を改めてお聞かせください。

「日本を元気にしたい」というビジョンが根本にあります。そのことを意識したきっかけは、前職のLINEにいた頃のことでした。

色々な国にまたがって事業をやっていたのですが、事業のグローバル化が進めば進むほど、一緒にやる部下が日本人ではなく外国人になっていきました。日本人の能力ややる気が、外国人と比べて相対的にどんどんと低下していく様を見て、「これはまずいな」と感じたんです。

LINEの場合はそもそも韓国資本の会社だし、グローバル企業なので、日本人ばかり登用するわけにはもちろんいきません。なので、もう少し「日本びいき」できる会社を作って、「日本を元気にしたい」と考えたのが創業時のビジョンです。

その中で取り組む事業としては、「メディア産業を変えていきたい」と考えました。

今のメディアは悪い出来事ばかり取り上げる傾向にあります。もっと良い出来事や頑張っている人達を紹介するメディアを作ることで、メディアからの発信するメッセージで「日本を元気にしたい」と思っています。その入り口として、今はC Channelをやっています。

文=下平将人 提供元=Venture Navi powered by ドリームインキュベータ

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい