Close

PICK UP

イノベーション・エコシステムの内側


シリコンバレーのスピード感

LSAのメンバーには、元ヘルスケア系大企業の幹部、スタートアップからのエグジット経験者、また医師も多くいます。シリコンバレーということでスタンフォードの出身者が多いのはもちろんなのですが、驚くのは、現役のスタンフォードの博士や医師がフェローという形で、ディールをデューデリジェンスしていることです。

本当に現場で必要な薬、実際に役立つ医療機器をつくろうとしているか、スタンフォードの博士や医師の方々が精査し、良いと思ったスタートアップについての最新情報を、毎日のようにメールで会員に送り届けてくれるのです。

そして、月に数回ランチミーティングや勉強会が開かれ、さらに3カ月に一度ディナーパーティーが行われ、5社ほどに絞られた注目のスタートアップが会員145名の前でピッチをします。

そのときにはすでにリードインベスターも会員の中で決まっているケースも多く、彼らの解説も含めビジネスとテクノロジーの両方から、より理解を深めることができます。その上で投資を希望するメンバーのためには、翌日にランチミーティングがセッティングされる。まさにシリコンバレーのスピード感です。

圧倒的な専門性とスピード感。日本でも、このような分野に特化したエンジェル投資協会やアクセラレーターをつくる時期に来ているのではないでしょうか。

連載 : イノベーション・エコシステムの内側
過去記事はこちら>>

文=森若幸次郎

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい