Close

PICK UP

I write about consumer tech such as smartphones and gaming in Asia

Neirfy / Shutterstock.com

アップルが今年発売するiPhoneに関しては、既に様々な噂が飛び交っている。そんな中、アップル自身が最新モデルに関する重大な情報を漏らしてしまっていたことが発覚した。

ニュースサイト「9to5Mac」によると、アップルのiOS 12のベータ版を解析したところ、「second SIM status(第2のSIM)」という文言が見つかったという。これにより、今回の新モデルがデュアルSIMをサポートする可能性が強まった。

SIMカードが2枚挿入できるデュアルSIM仕様は、香港在住の筆者や、欧州の人々にとって非常に嬉しいものだ。香港に住む筆者は毎週のように、電車で2時間ほどの中国の深センを訪ねるが、その際に最も厄介なのが国境を通過する度に、iPhoneのSIMカードを交換しなければならないことだ。

一方で多くのアンドロイド端末はデュアルSIM仕様のため、タップするだけで使用するSIMを切り替えられる。香港や欧州の人々は旅行や仕事で国境をまたぐことが多く、デュアルSIMは必須の機能となっている。しかし、米国人の大半は国境を超えることが無いため、アップルはこの機能の搭載を見送ってきたと考えられる。

香港の中古スマホ市場ではデュアルSIM仕様のサムスンやLGの端末は、シングルSIM端末と比べて2割から3割増しの価格で販売されている。

もちろん、アップルが本当にデュアルSIM仕様の端末をリリースするかどうかは、現時点では定かではない。しかし、筆者としてはデュアルSIM仕様のiPhoneが発売されたら、ぜひ乗り換えを検討してみたいと思う

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい