閉じる

PICK UP

テクノからチャート、その他の音楽業界に関する執筆を担当。

防弾少年団(Photo by Kevin Mazur/BBMA18/WireImage)

今年5月、全米アルバムチャートの「ビルボード200」で、韓国人アーティストとして史上初の1位を獲得したのが「BTS(防弾少年団)」だ。そのBTSが8月に発売の新アルバムを、再び全米トップに送り込む可能性が浮上した。

8月24日に発売予定の新作「Love Yourself: Answer」の詳細はまだ不明だが、世界中に散らばるBTSのファンは、それがどんな内容であってもアルバムを買い求めるだろう。

「Love Yourself: Answer」にはリードシングルが存在せず、プロモーションもまだ始まっていないが、ビルボードで初登場1位に立つ可能性が十分ある。ここではその理由を説明していきたい。

アルバムのチャート動向に最も大きな影響を与えるのはリリースのタイミングだ。「Love Yourself: Answer」の発売日の8月24日には、競合となるタイトルがほとんど存在しない。ロック界ではアリス・イン・チェインズがこの日、新作を発売するが彼らが全米1位を獲得することは考えにくい。1位を争うスーパースターが競合にいないという事実は、BTSにとって極めて好都合だ。

8月全体でみるとイギー・アゼリアやマック・ミラー、ジェイソン・ムラーズ、ニッキー・ミナージュ、アリアナ・グランデらが新アルバムを予定しており、彼らが首位に立つ可能性も十分ある。ただし、BTSにとって好都合なのは、彼らの前週に新作を発売するアリアナ・グランデがトップに立っても、彼女が首位を維持するのが1週間程度と見込まれることだ。

また、仮にBTSが6月末や7月上旬にアルバムを発売していたら、ドレイクの「スコーピオン」が彼らの行く手を阻んでいたはずだ。

今年5月にBTSが達成した偉業は彼らのファンたちに限らず、多くの音楽ファンの心に残っている。つまり、現在のBTSを取り囲むモメンタムは最高なのだ。韓国人アーティストであるBTSが、ビルボードの首位に立ったことは今でも非常にショッキングなこととして語り継がれており、メディアの関心も非常に高い。

彼らの新アルバム「Love Yourself: Answer」が発売と同時に、メディアの大注目を集めるのは必至だ。彼らは全く費用をかけずに、米国で最高のプロモーションが行なえる。BTSが再び首位を獲得することは、十分あり得る。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい