閉じる

PICK UP

変革は地方から始まる!

埼玉県三芳町にある「石坂産業」では、あらゆるリサイクルが行われている

私たちが、ふだん捨てているゴミのその後って考えたことがありますか?

ものをつくる、ものを生み出すことに関してはとても関心が高く、ものづくりの現場もどんどん「見える化」しています。そして、多種多様な企業がともに取り組むこと(オープンイノベーション)によって、「新しいもの」もどんどん生まれています。

しかし、この地球上にものを生み出すことで生じる、ゴミの行き先や処理についてはどうでしょう。いろいろな人たちや企業などが、知恵を出し合って、そのことに当たっているでしょうか。全力でゴミの処理について取り組んでいるでしょうか。

最近、海に漂うプラスチックゴミの問題がさかんにメディアでも取り上げられています。クジラがプラスチックゴミを大量に呑みこんで死んでしまったり、ウミガメの鼻にストローが刺さってしまったり。ストローを取ってもらっている映像を見ましたが、苦しむウミガメの姿を見て、とても胸が苦しくなりました。

私たち人間がつくりだし、自分たちがただ便利だからと使っているものが、動物たちを苦しめ、そして死に追いやっています。このままだと、最終的には私たち人間にもその災禍は降りかかり、そして地球は死にます。

産廃処理施設内に見学コース

先日、積極的な取り組みをしている産業廃棄物処理施設があると聞いて、ある会社を訪問してきました。埼玉県三芳町にある「石坂産業」です。東武東上線ふじみ野駅から車で10分ぐらいのところにありますが、なんと駅から産廃施設“見学者用”の送迎バスが出ています。

石坂産業の社長は女性です。そのためか、産廃処理施設に隣接する本社ビルには、数々の女性らしい細やかな配慮が目立ちます。社長の石坂典子さん自らに案内してもらい、施設も見学させてもらいました。どんな産業廃棄物もリサイクルするために細かく分別されていて、そのためのさまざまな工夫がなされています。ちなみに石坂産業の減量化リサイクル率は98%だそうです。

産廃処理施設の見学というと、ヘルメットとマスクで装備するイメージですが、石坂産業の施設に限って言えば、その必要はまったくありません。施設内にすでに見学コースがつくられていて、限界まで仕分けを行う現場を、ガラス越しに見ることができます。トラックが産業廃棄物を運んでくるところから仕分けまで、すべての工程が見える化されています。

ただし、ガラスの向こう側では粉塵が舞い、捨てられた不要になったものをリサイクルするべく、スタッフの方たちが細かく仕分けをしています。最後の工程では、機械では仕分けできなかったものを土の中から取り出す作業を人が手でしていました。



石坂産業では、廃棄物をただ「焼却」するのではなく、「分別」することに対しての技術開発を徹底的に行い、独自のシステムを構築しています。土に還ることがない廃棄物すべてを「資源」に変えるべく、ありとあらゆる工程にIoTやAIなど最新技術を導入しようとしています。

すでに莫大な資金が投入されていますが、費用を分担しながら、さまざまな独自システムを他の企業とも組んで開発しているということです。開発されたシステムは、日本全国の他の産廃処理施設でも使えるはずだし、逆に他の施設がシステムを導入することで、開発費用も安くすることができると思います。

さらに、ゴミ問題はグローバルな地球環境の問題でもあるので、将来的には世界中の産廃処理施設にシステムを販売することができるかもしれません。

文=竹部美樹

あなたにおすすめ

合わせて読みたい