Close

PICK UP

I look at the impact of mobile technology and online media.

Halfpoint / Shutterstock.com

アップルは昨年のiPhone Xに初投入した顔認証モジュール「FaceID」を、今年の新モデルではさらに進化させる見通しだ。サプライチェーン筋からの情報によると、FaceIDの新バージョンは今年の新端末の全てに導入されるという。

新型のFaceIDはフロントカメラの横に小型レーザーカメラを新たに設置し、ユーザーの顔の3Dマップデータを取得することで、認識精度を向上させる。これにより、写真を使用した認証の突破などが防止できるという。

ここで用いられるのがVCSEL(vertical-cavity surface-emitting laser)と呼ばれるレーザーシステムで、ニュースサイト「Digitimes」は既にサプライヤーへの発注が開始されたと報告している。

現状ではFaceIDを搭載する端末はiPhone Xのみだが、新型のFaceIDは今年の新端末の3機種全てに導入される。9月に発表される「iPhone X Plus」や2018年版の「iPhone X」、さらにLCDディスプレイ採用の廉価版iPhone X(これがiPhone 8に置き換わるモデルになるとみられている)に新型FaceIDが搭載されるという。

さらに、新型のiPadにもこのFaceIDが採用される見込みだという。

アップルはアンドロイド陣営との戦いにおいてFaceIDの有用性をアピールしてきた。VCSEL技術の投入による認識精度の向上で、決済分野での利用がさらに快適になることも期待できる。一部のアンドロイド端末は顔認証「Face Unlock」を用いているが、デジタル決済を行う場合は指紋によるセキュアな認証が必須となっている。

アップルが今年の新モデルで新型FaceIDを強くアピールすることは、理にかなった動きだ。なぜなら、他の多くの機能面でアップルのデバイスは、アンドロイド端末に遅れをとっているからだ。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい