I write about bringing life to work and bringing work to life.


3. 人事部に相談する

同僚本人と話し合うだけでは対処できない場合、人事部に相談すればよい。人事部は、まさにそのために存在するのだ。公式な報告書などを提出する必要はない。こうした問題を扱うよう訓練された人と、問題についてじっくり話し合うだけで、職場の複雑な人間関係に効果的に対処できるようになる。

4. 全てうまく行かない場合は転職する

同僚への対応策がないと気づいた場合でも、心配することはない。少しの間内省し、現在の職務にとどまることに果たして価値があるかどうかを自問する。管理・対処できる状況もあれば、修復不可能なほど劣悪な状況もある。後者の場合、たとえ転職を選ぶことになっても全く問題はない。前職に遠慮する必要はなく、あなたは自分のキャリアと心の平安を優先すればよいのだ。

ジェーンの場合は、職場を去る決断をした。状況を改善したり、現状に適応したりする努力に価値がないと気づいた彼女はすぐに転職活動を始め、より良い職場探しに打ち込んだ。

全く同じ状況は存在しない。改善のための努力をするにしろ、転職するにしろ、自分にとって最善の選択をしよう。そしてどんな選択をしたとしても、あなたには必ず、正しい決断をする力があることを覚えておくこと。

翻訳・編集=出田静

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい