Close

PICK UP

I write about technology with a focus on social and digital media.

「YouTube」CEOのスーザン・ウォジスキ(右)と母親のEsther(左)(Taylor Hill / by Getty Images)

フォーブスが先日発表した「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)ランキングには、テック業界の有名姉妹が登場した。

「ユーチューブ」CEOのスーザン・ウォジスキと、バイオテクノロジー企業「23andMe」の共同創業者でCEOのアン・ウォジスキの2名だ。

現在44歳のアンはグーグル共同創業者のセルゲイ・ブリンの元妻としても知られ、23andMeの企業価値の急上昇を受けて、今年初めて本ランキングの44位に入った。

23andMeはDNAテストが自宅で受けられる検査キットを提供する企業。2017年に米FDA(食品医薬品局)は同社に対し、パーキンソン病やアルツハイマー病などの病気の発症リスク検査サービスの認可を与えた。さらに今年に入り、ガン発症リスク検査に関してもFDAの認可を受けた。

アンの姉のスーザンはグーグルの創業当初からの社員で現在50歳。今回42位にランクインした彼女は2006年のグーグルのユーチューブ買収を主導し、2014年に同社のCEOに就任した。三姉妹のもう一人であるジャネットは、カリフォルニア大学の医学部教授を務めている。

フォーブスは今回、3姉妹の母である現在77歳のEstherの自宅を訪ね、彼女の子育ての哲学について聞いた。彼女はパロアルトハイスクールのメディアプログラムの創立者として知られる、教育界の著名人でもある。

夫のStanleyはスタンフォード大学の物理学者として知られた人物。Estherは現在、2019年春に発刊予定の「How to Raise Successful People(成功する人たちを育てる方法)」と題された書物を執筆中だ。

彼女の教育論の根底に流れるのは、独立心やクリティカルシンキングに重きをおき、子供が本当にやりたいことをやらせるという考えだ。

1968年に第1子のスーザンを産んだEstherはまず「出来るだけ多くのことを早い時期に学ばせようと思った」と話す。夫婦は週末になると娘たちを農園に連れ出し、植物や花の名前を覚えさせた。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい