閉じる

PICK UP

クリエイティブなライフスタイルの「種」

レストラン&カフェの建物を拠点に、農場や子供たちの遊び場などに気軽にアクセスできる。

オーストラリア最東端の街、バイロンベイ。もともとヒッピーの街として栄えていたこの地は、大手のファストフード店が進出していない、オーガニックタウンとして知られています。

実際、健康や環境問題に関心の高い住民やビジターが多く、街のオーガニックレストランやフレッシュジュース店は大にぎわい。朝のビーチでも20人ほどが集まってヨガをしていたり、スローライフを地でいく街であることがうかがえます。

そんな意識高めな街、バイロンベイの郊外にあるのが農場レストラン「The Farm」。ここでは、「GROW」「FEED」「EDUCATE」をフィロソフィーに掲げ、野菜や動物、コミュニティを育て、レストランやストアでそれをシェアし、ゲストや子供たちに“学び”までを提供しています。

日本でも農園や牧場にレストランが併設された施設は増えてきましたが、ここまでクリエイティビティに溢れ、網羅的に体験型コンテンツを提供しているところはまだ見かけません。

今回はこのThe Farmの展開を通して、これからの体験型コンテンツに不可欠な要素とはなにか? について考察します。

1日中楽しめるエンターテインメント施設

The Farmは広大な敷地に農場やレストラン、コーヒースタンド、バー、ベーカリー、ショッピングストア、子供たちの遊び場……あらゆるものが揃っていて、週末に家族で1日中楽しめる“体験型エンターテインメント施設”といっても過言ではありません。


左上から時計回りに)農場、レストランの外観、カフェ&ストア、レストランのテラス席。

場内の施設や製品には理念や想いがきちんと反映されており、どれもクオリティが高いことに驚かされます。

例えば、鶏・豚・牛などの飼育環境は、畜舎に押し込めるのではなく、自由に動き回れてストレスフリー。餌も、鶏や豚には自然由来のもの、牛は100%牧草を与え、きわめて健康的に育てられています。野菜はなるべく自然に近い形で育てる“バイオダイナミックス農法”を用います。

「The Bread Social」と名付けられたベーカリーは、地元のパン職人とのコラボ運営。ここに、地域社会との関わりを大事にしていることもうかがえます。

ショッピングコーナーでは、農場で採れた新鮮な野菜はもちろん、オリジナルの加工品、雑貨、レシピ本まで、驚くほどお洒落でクリエイティビティ溢れるものが展開されています。


左上から時計回りに)オリジナルのレシピ本、ベーカリー、コーヒースタンド、ショッピングコーナー。

ゲストはレストランでゆっくりとすごしたり、カフェでパンとコーヒーを片手におしゃべりしたり、農場を散歩したり。子供たち専用の広い遊び場も用意されており、多種多様な人たちが満足できる環境作りが徹底されているのを感じます。

文=国府田淳

あなたにおすすめ

合わせて読みたい