Close

PICK UP

.

(Photo by Dave Kotinsky/Getty Images for Fitbit)

Fitbitのスマートフォンアプリに、ユーザーが知らないうちに大量のデータ通信を行なうバグが発生していたことが明らかになった。これはFitbitのフィットネストラッカーや、スマートウォッチと連動させて使用する専用のアンドロイドアプリに発生した問題だ。

ウェアラブル情報サイト「Wareable」の取材に対し、Fitbitは次のような声明を発表した。

「Fitbitはユーザーに対しベストな体験を提供することにコミットしています。当社は報道された事象を認識しており、7月11日にアンドロイドアプリの更新版をリリースします。これにより、現在発生している不具合は解決する見込みです」

今回の問題はまず、ユーザーがツイッター上で報告したことで明らかになり、先週からFitbitのユーザーフォーラムでも話題にのぼった。しかし、アプリの更新版がリリースされて以降も異常なデータ通信が続いているとの不満が相次いでいる。

7月初旬の数日間で3.5ギガバイトもの大量のデータ通信が発生したと述べるユーザーもいた。さらに、バッテリー消費量が異常に増えたとの報告もある。

Fitbitは先週、この問題の発生を認め、ツイッターで次のように述べていた。「当社はアンドロイドアプリで発生した、大量のデータ通信やバッテリー消費の増大の問題の解決に取り組んでいます。アプリを削除し再インストールすることで、問題が解決する場合もあります」

その後、リリースされたバージョン2.74.1のアプリにおいても状況は変わらず、バックグラウンドで通信が行われる問題は改善していない。また、アプリの終日同期オプションをオフにしても、この問題が発生するとの報告もある。

大量のデータ通信は特に、キャリアの料金プランをデータ容量の少ないものにしているユーザーたちに、多大な迷惑を及ぼすことになる。データの制限を超えると、余計なコストが発生する場合もある。

Fitbitは世界のフィットネストラッカー市場で、中国のシャオミに次いで2位の存在であり、西側諸国ではこの分野で最も有名な企業といえる。IDCのデータによるとFitbitのウェアラブル市場でのシェアは28.1%で、アクティブユーザーは2500万人を超えている。

同社は現在、5機種のフィットネストラッカーと、2機種のスマートウォッチを販売しており、スマート体重計やヘッドフォンといった製品もある。Fitbitは2007年の創業で、2015年にはニューヨーク証券取引所に上場を果たしている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい