Close

PICK UP

.

       

d’zzit”(photo by DAZZLE FASHION)

中国のレディースアパレル業界を牽引するブランド「DAZZLE FASHION(ダズルファッション)」は6月に上海市場でIPOを果たし、同社の女性会長のMa Ruimin は世界のビリオネアランキングの仲間入りを果たした。

現在53歳のMaは娘のMa Yixinとともに、Dazzle Fashionの株式の64%を保有しており、資産額は15億5000万ドル(約1700億円)に達している(7月3日時点の株価で試算)。しかし、Dazzle Fashionの株価は米中貿易摩擦への懸念により、ピーク時から大きく下落している。

Dazzle Fashionは2002年に上海で設立された。同社のブランド「Dazzle」や「Diamond Dazzle」「d’zzit」は、中国の人気女優のヤン・ミーや、チョウ・ドンユイらにも愛されている。

2017年の売上は前年比7%増の2億9300万ドル(約323億円)だった。Dazzle FashionはIPOにより約280億円を調達し、今後の4年間で新たに318カ所の販売拠点を加えようとしている。現在の同社の販売拠点は1038カ所で、その約40%がDazzle Fashionの直営店となっている。同社は2016年に日本進出も果たしている。

会長のMa Ruiminは中国のビジネススクール「長江商学院」でエグゼクティブMBAを取得している。姉妹のMa LiminはDazzleの副会長を務め、7%の株式を保有している。また、別の姉妹のMa Zhuminも会社の幹部で1.2%を保有している。

中国は現在、米国に次いで世界で2番目にビリオネアが多い国となっている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい