Close

PICK UP

.

igorstevanovic / shutterstock.com

私たちは、騒音だらけの世界に生きている。聞き手の関心を引き、何かを買わせたり行動を起こさせたりしようとするブランドからは、毎日数百件ものメッセージが浴びせられる。ほとんどの場合は、不快で圧倒的なものだ。

マーケティング調査会社のエイミア・インスティテュート(Aimia Institute)によると、消費者の57%は、標的を絞りきれていないマーケティングメッセージを次々と送ってくるブランドを意識的に避けている。たとえ聞き手の関心をつかめたブランドがあったとしても、戦略的にメッセージが伝わっていなければ、聞き手の心には残らないし、混乱するような要素があれば聞き手を失ってしまう。

ここでは、自分のブランドを差別化する傑出したメッセージを作る3つのコツを紹介する。

1. 聞き手を主人公にする

メッセージはあなたのことではなく、あなたが顧客に対して何ができるかについてであるべきだ。自分たちのことやブランドの歴史、達成事項などについてのみ焦点を当てたメッセージを作り、聞き手に商品購入やニュースレターの購読、登録など、何らかの行動を促すという過ちを犯しているブランドがあまりに多い。

聞き手が主に関心を寄せるのは、ブランドがどれほど素晴らしいかではない。ブランドがどれほど聞き手の生活を改善してくれるかだ。ブランドが、聞き手の生活を改善するための専門性を備えている証拠になるのがストーリーだ。主人公はあなたではなく、聞き手だということを覚えておくこと。聞き手やその直面する課題、あなたのブランドがどのようにして聞き手を必要なものに導くかについて語ること。

私はネット上でのコーチング業を通し、理想のライフスタイルを実現して世界を旅し、情熱を追求する自由を得た。私はこうしたストーリーの一部を共有することで顧客を勇気づけるとともに、独自のライフスタイルを構築するために必要な考え方や戦略、習慣を示そうとしている。メッセージは私についてではなく、私のサービスを通してどのように顧客の目標達成を支援できるかだ。

ストーリーを活用してブランドを差別化し、聞き手の問題克服をどのように支援できるかを言葉にするだけでなく、実際に示そう。

2. 全てのメッセージで価値を提供する

一貫した継続的な存在感を保つことは大事だが、中身のないメッセージは何があっても避けるべきだ。

各コンテンツを、空腹の聞き手に出す料理だと考えてほしい。聞き手には単に高カロリーの食べ物を出したいだろうか、それとも、栄養豊富でおいしくて、食べる人の生活に何らかの価値を生む食べ物を出したいだろうか?

翻訳・編集=出田静

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい