Close RECOMMEND

PICK UP

I write about tech, media, culture, and science.

vfhnb12 / Shutterstock.com

グーグルが社外のアンドロイドアプリの開発者たちに対し、Gmailの内容を閲覧できる権限を与えているとの報道が浮上した。7月2日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に掲載された記事によると、一部のGmail関連アプリを開発するデベロッパーらが、ユーザーの同意を得た上で、ユーザーのメールの内容を閲覧可能な状態になっているという。

記事によるとアクセス可能なメールは全てのGmailメッセージで、タイムスタンプや受信者のアドレスもAIや人間が閲覧可能になっているという。WSJはグーグルがアプリに表示するユーザーの同意を求める文言が、この事実を十分に明示していないと指摘している。

グーグルはニュースサイト「The Verge」の取材に対し、メール内容へのアクセス権限を与えた開発者はグーグルの審査プロセスを通過した者のみであり、ユーザーからの同意を得た上でアクセスを行なっていると述べた。また、メールのモニタリングに関してはアプリの運用に必要な範囲に限定していると回答した。

WSJの取材に対しグーグルは、同社の従業員がユーザーのメールを読む場合もあると述べている。しかし、それは"かなり限定的なケース"のみであり、ユーザーからの同意を得た場合や、セキュリティ上の理由、バグや不正アクセスの発見を目的とする場合に限られると述べている。

Gmailのプラグイン以外でも、サードパーティーのアプリが広範囲な情報(カメラやマイク、位置情報)へのアクセスの同意をユーザーに求めるケースはある。また、別のEメールプラットフォームにおいても、同様な事例はある。

しかし、The VergeのShannon Liao記者は次のように述べている。「この状況はフェイスブックの、ケンブリッジアナリティカに絡む騒動を思い起こさせるものだ。長年の間、当たり前のように行なわれていた外部企業によるデータの共有が、世間に広く知られるようになった結果、強い非難を浴びることとなった」

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい