Close

PICK UP

.

セサミ・ワークショップCEO ジェフリー・ダン(Gettyimages)

63歳のセサミ・ワークショップCEO、ジェフリー・ダンによるセサミストリートの収益再建劇は、企業経営者の第2のキャリアとして理想的なストーリーでもある。

なぜ彼はリタイア後の世界旅行の計画をキャンセルし、幼児教育の王者とも呼べる“あの番組”のために経営手腕を振るう運びとなったのか。



2017年のハロウィーン・パーティーでダンが扮したのは、番組でおなじみのバートでもアーニーでもなく、自由の女神だった。その理由を、彼はこうふり返る。

「この国に広まりつつある軋轢やとげとげしさに居ても立ってもいられない思いだった。セサミに関わる我々が体現する理想が何であるのかを、身をもって従業員たちに示そうと考えたんだ」

6年前、彼がCEOを務め、「きかんしゃトーマス」ほか子ども向けのキャラクターやコンテンツを中心に事業展開をしていたヒット・エンターテインメントが、6億8000万ドルで玩具大手のマテル社に買収された。好きなように散財し、一生何もしないで過ごすだけの財政的自由を彼は手に入れた。

有り余るお金に恵まれながら仕事を失う立場になり、ダンはどこかの慈善団体で働きたいと考えた。ところが妻のカレンから、その前に何年間かかけて世界を旅し、ビーチでゆっくり過ごしてはどうかしらという提案があった。一時的なリタイアというわけだ。「まだ心の準備ができていないよ」とダンは答えた。

それに、ハーバード大学からも声がかかっていた。ダンが同大学で歴史学の学士号と修士号を獲得したのは何十年も前のことだったが、その頃彼は、同大学の「アドヴァンスト・リーダーシップ・イニシアティヴ」というプログラムに合格したのだ。これは、50〜60代の企業経営陣や専門職で、その職業スキルを社会問題の解決に役立てる意志のある人々を対象に実施する1年間のプログラムである。

選抜されたフェロー、すなわち特別研究員(2018年には550名の応募に対して48名が選ばれた)は年間6万5000ドル前後の授業料で聴講コースを受講するとともに、教授や特別研究員たちとチームを組んで有望なプロジェクトを探す。

高校生の頃に出会い、結婚生活が36年に及ぶダン夫妻がこの難題で折り合えたのは、特別研究員の配偶者もキャンパスで歓迎されるという制度のおかげだった。それにより、ジェフが非営利会計、メディア、児童教育、経済学などに没頭する傍らで、看護学を学んだ看護師のカレンは、芸術や音楽を学べることになった。

ダンは2014年1月に特別研究員となる。するとその年の半ばになって、セサミ経営陣の代表者が彼に相談を持ちかけてきた。セサミストリートを運営する非営利法人セサミ・ワークショップのライセンス収入(エルモの人形など)やDVDの売上は、ここ10年右肩下がりを続けており、営業損失も増えつつあった。

「キッズビジネスに一貫して携わってきた私の経歴に目をとめてくれたのだろう」とダンは語る。彼は2008年にヒット・エンターテインメントの経営を引き継ぐ以前には、バイアコム傘下のTVチャンネル「ニロコデオン」に13年間在籍し、セサミ・ワークショップとの合弁事業の創造にも一役買っていたからだ。

翻訳=待兼音二郎

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい