Close

PICK UP

アドテク、企業、ベンチャーキャピタルやニューヨークのベンチャー企業について執筆するスタッフライター

everything possible / Shutterstock.com

シリコンバレーには、「時代を先取りしすぎることは、間違うことに等しい」という格言がある。しかし、プログラム開発プラットフォーム「OutSystems」のCEO、Paulo Rosado は創業から17年をかけてユニコーン企業の仲間入りを果たし、この格言が誤りであることを証明した。

同社の売上高は1億ドル以上で70%の成長率を誇る。直近の資金調達ラウンドでの評価額は10億ドル(約1097億円)を超えた。

OutSystemsは6月5日、「KKR」と「ゴールドマン・サックス」から総額3億6000万ドル(約395億円)を調達したことを明らかにした。同社によると、評価額は10億ドルを大幅に上回ったという。ユニコーン企業の多くが設立から短期間で評価額10億ドルを達成する中、OutSystemsは異色の存在だと言える。

同社は企業が独自のアプリケーションを開発する支援をしているが、Rosadoが「時代を13年先取りしすぎた」と話す通り、低迷期が長く続いた。

OutSystemsは、2001年にポルトガルで設立された。同社は、アプリケーションをオンプレミスからクラウドへ移行する企業向けに、ローコード開発(最小限のコーディング)プラットフォームを提供している。Rosadoによると、これまで関わった企業の多くが古いテクノロジーで開発されたアプリケーションを移行するのに平均4〜6年を要していたが、OutSystemsのサービスを利用すればわずか18カ月に短縮することが可能だという。

OutSystemsは、これまでに2005と2007年にVCから資金を調達している。その時点で既に設立から6年が過ぎていたが、そこからしばらく苦労が続いたという。「我々は、企業のソフトウェア開発方法が間違っていると確信していた。しかし、長い間、我々のプロダクトは風変りなものだと思われていた」とRosadoは話す。

OutSystemsは、多くの企業がまだ問題視していなかった課題を解決しようとしていたのだ。既存顧客の継続率は高く、新規顧客は熱烈な支持者になってくれたが、MuleSoftやスラックのように口コミで急速に広まることはなく、数年は成長率が15%程度にとどまった。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい