閉じる

PICK UP

I write about interesting Chinese companies

(c)ByteDance

中国の若者に大人気となっている動画共有アプリが「Douyin(抖音)」だ。Douyinのユーザーは、ダンスや歌、メイクアップなどの15秒動画を作成して他のユーザーと共有し、利用者は1億5000万人を突破している。

Douyinを開発したのは、北京本拠の「バイトダンス・テクノロジー」だ。Douyinは「Tik Tok」という英語名でも知られ、若い世代の間で爆発的な人気を誇る。

バイトダンスはニュースアプリ「今日頭条(Toutiao)」の運営会社としても知られ、その評価額は200億ドル(約2.2兆円)に達する。同社はDouyinの大ヒットによりライバルのテンセントを猛追し、中国におけるメディアとエンターテイメントの一大勢力となった。

DouyinはSNSの人気スターをオンライン動画コンテストに招待し、人気アーティストXiao Quanの「Seaweed Dance」という歌に合わせたユーモラスなダンス動画の制作では7万人ものユーザーが競い合った。

北京本拠のコンサルタント会社「Analysys International」によると、Douyinのアクティブユーザー数は2016年後半のリリースから1年強で1億6600万人に達し、その大半は30歳以下だという。アプリの月間平均利用時間は12.6時間と、テンセント傘下の動画共有アプリ「Kuaishou(快手)」の12.3時間を上回る。

テンセントに対し「パクリ批判」

Douyinの人気は、テンセントの事業に影響を及ぼし始めている。調査企業「Questmobile」が実施した中国人のインターネット利用動向調査によると、3月にはショート動画サービスの利用時間が全体の7.4%を占め、前年から1.5%増えたという。一方、WeChatに代表されるメッセージングサービスは、前年の37%から32%に減少した。

「Douyinのようなショート動画共有アプリがWeChatにプレッシャーを与えている。これらのアプリはユーザーの余暇時間を奪い合っているが、今ではDouyinが圧倒的なシェアを占めている」と上海本拠の調査会社「86 Research」のアナリスト、Zhang Xueruは話す。

バイトダンスとテンセントは法廷でも闘争を繰り広げている。バイトダンスはテンセントが運営する人気チャットアプリ「QQ」が意図的にバイトダンスのコンテンツをブロックしたとして、9000万元(約15億円)の損害賠償を求めている。

また、バイトダンスの創業者兼会長であるZhang Yiming(34)は、テンセントの創業者のポニー・マー(馬化騰)とネット上で論争を繰り広げ「テンセントのWeishiアプリはDouyinのパクリだ」と批判した。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい