Close

PICK UP

モバイル業界のアジテーターとイノベーターに関する記事をカバー

LVMH CDFのIan Rogers(Photo by Christophe Morin/IP3/Getty Images)

ルイ・ヴィトンをはじめ、クリスチャン・ディオールなど70のブランドを傘下に収めるLVMHグループの業績は好調だ。同社会長のベルナール・アルノーは、今年のフォーブスの世界長者番付で4位に入った

ラグジュアリーブランド界の王者LVMHは、テクノロジー系のスタートアップに盛んな投資を行なっている。時価総額が1500億ユーロ(約19兆円)に及ぶLVMHで、CDF(チーフ・デジタル・オフィサー)を務めるIan Rogersは、アップルミュージックのディレクターを務めた後、2015年に同社に加わった。

Rogersはわずかな期間で3つのことを学んだという。小売店を取りまく環境やマーケティング手法の変化、そして中国市場の重要性の増大だ。先日、パリで開催されたテック系カンファレンス「VivaTech」で彼は「今は過渡期にある。これからの15年は、今までの15年とは全く別の時代になる」と述べた。

人工知能(AI)やブロックチェーン技術といった最先端テクノロジーの活用を試みる大手ブランドもあるが、LVMHのアプローチはより保守的なものだ。

「ラグジュアリー業界はアーリーアダプターである必要はない。最後尾につけたいとも思わないが、先駆者を目指す必然性はない。メインストリームが生まれる少し前に、その領域に飛び込むのが適切なタイミングだ」とRogersは話す。

Rogersらは新たなテクノロジーに投資する際、そこに明確なビジョンがあるか、ブランドの認知をもたらすものかを考える。一例としてあげられるのは、インスタグラムやフェイスブックへの取り組みだ。

LVMHは先日、ラグジュアリーEコマースの検索サイト「Lyst」の6000万ドル(約65億円)の資金調達を主導した。Rogersはいう。「検索はこれからの時代のキラーアプリになる」

Lystにはベルナール・アルノーの家族が経営する「Groupe Arnault」が、以前に4000万ドルを出資していた。現在69歳のアルノーとRogersは、新たなスタートアップとの取り組みについて、いつも話し合っているという。

パリの「ステーションF」で新興企業を育成

今回のLystへの出資はアルノーとLVMHのCEOを務めるAnish Melwani、さらに傘下の「リモワ」を運営するアルノーの息子、アレキサンダー・アルノ―を交えたディスカッションで決まったという。

Groupe Arnaultは長年テクノロジー分野に投資しており、1999年にはまだ無名だった「ネットフリックス」に出資した。また、2013年には「ネスト」に出資し、その1年後にネストはグーグルに32億ドルで買収された

LVMHは、パリの巨大スタートアップ・キャンパス「ステーションF」でも存在感を発揮している。ステーションFを設立した、グザビエ・ニールの妻はアルノーの娘のデルフィーヌ・アルノーだ。

LVMHは、ステーションFに自社のスタートアップ育成所「La Maison des Startups」を設置。89のワークステーションを用意し、毎年50のスタートアップ企業を招いている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい