Close

PICK UP

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

Photo by Justin Sullivan/Getty Images

自動運転車の商用化を推進するアルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が、大胆なプランを発表した。それによると、同社はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)製ミニバン「パシフィカ」6万2000台に自動運転技術を搭載するほか、個人顧客向けにも自動運転車を販売するという。

ウェイモは今年1月、FCAの車両を数千台規模で追加導入すると発表していたが、具体的な台数を明らかにするのは今回が初めてだ。パシフィカ1台当たりの価格は3万9995ドルで、車両調達費は最大25億ドルに達する見込みだ。ウェイモは、3月にもジャガーのクロスオーバーSUV「i-Pace」を今後数年間で最大2万台調達すると発表している。

ウェイモとFCAは共同声明で、個人顧客向け車両に自動運転技術を搭載することについても協議を行っていると述べている。

「FCAは安全で効率的・現実的な方法で自動運転技術を顧客に提供することにコミットしている。ウェイモとの戦略的パートナーシップは、革新的なテクノロジーの提供を図る上で非常に有効だ」とFCAのCEOであるセルジオ・マルキオンネ(Sergio Marchionne)は述べている。

最近は自動運転車による事故が相次いでおり、一般消費者の間で自動運転技術に対する不安が高まっている。しかし、こうした中でもウェイモは自動運転技術の商用化を加速させている。

ウェイモは先日、人気トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ!(Jimmy Kimmel Live!)」の中で、レギュラー出演者のギレルモが騙されて自動運転車に乗るというユーモアあふれるスポット広告を打った。

ウェイモは他社に先駆けて2009年から自動運転技術の開発を開始し、その歴史や資金力で開発レースをリードしている。アルファベットはこれまで投下した資金を明らかにしていないが、その額は数十億ドルに達すると見られる。FCAとジャガーから調達する最大8万2000台の車両だけでも約40億ドル(約4380億円)を要する。

「FCAとのパートナーシップ強化は、自動運転車を使ったサービスの立ち上げや、我々のミッションに合致する新たな製品の開発を補強する」とウェイモのCEO、ジョン・クラフチック(John Krafick)は声明の中で述べている。

ウェイモは、他にもホンダとトラックや配達用車両向けに自動運転技術を供給する可能性を協議している。同社は、現在シリコンバレーやサンフランシスコ、シアトル郊外、オースティン、フェニックスで600台のパシフィカを投入してテストを実施している。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい