Close

PICK UP

フリーランスのライター・編集者

(写真左から)クリフ・オブレヒト 共同創業者兼COO、メラニー・パーキンス 共同創業者兼CEO、キャメロン・アダムズ 共同創業者兼CPO

オーストラリア発のデザインツール「Canva(キャンバ)」が破竹の快進撃を続けている。月間アクティブユーザー数は1000万人を突破。2018年1月には「ユニコーン」企業(企業価値10億ドル以上の非上場企業)の仲間入りを果たした。5月末、シドニーにあるCanva本社を訪ね、3人の若き共同創業者らに話を聞いた。


──12年にCanvaを創業してから、ものすごい勢いで成長している。現在はどの国・地域でサービスを展開しているのか?

メラニー・パーキンス(共同創業者兼CEO) : 我々のサービスはすでに世界190カ国で展開している。アメリカが最大のマーケットだが、ほかの国でもユーザーが増えていて、言語も100以上に対応している(※日本語版は2017年5月にリリース)。

キャメロン・アダムズ(共同創業者兼CPO) : 2017年末にAndroidアプリをリリースしてから、とくにブラジルなどでユーザー数が急増している。

クリフ・オブレヒト(共同創業者兼COO) : とくにユーザーが多いのはインドやメキシコ、インドネシアなど。日本市場はその3カ国ほどではないが、毎月安定的に伸びていて、とてもうれしく思っている。

──ユーザーはおもにどんな人たちか? 

メラニー : 子供からお年寄りまで、本当にいろんな人たちがCanvaを使っている。男女比はほぼ同じだが、女性の方が少し多いくらい。



──Canvaはカードやロゴからレターヘッドや画像バナーまで、さまざまなデザイン素材を提供している。一番人気のある素材は何か?

メラニー : 最初はソーシャルメディア・マーケターたちに広まったので、ソーシャルメディア・ポストがたくさん作られた。最近はプレゼンやマーケティングの用途が急増している。プレゼンの素材に関しては、とくに我々が力を入れてきたところなのでうれしい。

──プレゼンといえば、つい先日(2018年4月)、同じくシドニーに拠点を置くプレゼンツール「Zeetings」を買収した。

メラニー : まだくわしくは話せないが、Zeetingsと一緒になれたことはとてもうれしい。Zeetingsはこれまでどおり独立してサービスを提供し続ける。彼らのもつパワー、テクノロジー、アイデアをCanvaのユーザーたちに届けたい。

──2015年8月にプロフェッショナル向けの有料サービス「Canva for Work」を始めた理由は?

メラニー:創業当初から我々の目標は、所得に関係なく、誰もが優れたデザインを作れるプロダクトを無料で提供することだった。その考えは変わらないし、これからもずっとコンシューマ向けの無料版を提供し続ける。その一方で、生産性をさらに上げたいプロフェッショナル向けには「Canva for Work」を通じてその機会をリーズナブルな価格で提供する。


プロフェッショナル向けサービス「Canva for Work」のサイト

──デザインの素材は自社で作っているのか?

キャメロン : 社内に大きなデザインチームを抱えているほか、写真家やイラストレーターたちのコミュニティもある。我々は創業当初からそうしたコミュニティの育成にも力を入れてきた。

クリフ : デザインの品質を高く保つことを強く意識している。ユーザーが品質の低いものの中から自分のほしいものを選び出すのは大変だから。誰でもクリエイターのコミュニティに参加する資格はあるが、品質の高くないものは受け付けないようにしている。

──クリエイティブ・コモンズ(一般に使用が認められた著作物)の素材も使っているのか?

クリフ : 無料の素材も我々のプラットフォームにたくさんある。Flickrなどほかのプラットフォームに使われているものと基本的に同じものだ。

──クリエイターには作品の対価は支払っているのか?

メラニー : そのとおり。Canvaを通じてかなりの収入を得ている写真家やイラストレーターもいる。我々としてはうれしいことだ。素材がたくさん使われれば使われるほど、クリエイターの収入も増える仕組みになっている。

インタビュー=増谷康

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい