Close

PICK UP

I write about technology and science

T.Dallas / Shutterstock.com

マイクロソフトのブラウザ「Edge(エッジ)」はデスクトップブラウザ市場の主要な製品群のなかでは、最もシェアが低いプロダクトの一つだ。しかし、バッテリー消費量の観点からいうと、Edgeは最も優れた製品だ。グーグルの「Chrome」のバッテリーの持ちは2位だが、Edgeとの差は縮まりつつある。

マイクロソフトは定期的に各社のPC向けブラウザの、バッテリー消費量のテストを行なっている。同社は3台のSurface Bookを用意し、各マシンでEdgeやChrome、Firefoxのブラウザを用いて同じ動画を再生した場合のバッテリー持続時間を測定している。

直近のテストで、Edgeを用いたマシンのバッテリー持続時間は14時間20分7秒を記録し、トップに立った。2位はChromで12時間32分58秒だった。3位はFirefoxで7時間15分16秒だった。

Edgeの持続時間はChromeよりも14%長く、Firefoxとの比較では98%も長いという結果になった。

ただし、EdgeのChromeに対する優位性は、ここ数年で大きく低下している。2016年6月時点ではEdgeのバッテリーの持ちはChromeを70%上回っていたが、2017年4月には35%、同年12月には19%までその差が縮まっていた。

調査企業「Net MarketShare」の直近のデータによると、Edgeのブラウザ市場でのシェアは約4.5%。これに対しChromeは約61.7%、Firefoxは約10.2%のシェアとなっている。

パソコンでインターネットを閲覧する場合、複数のブラウザを使い分けるのは面倒に感じるかもしれない。しかし、外出先での作業が多くバッテリーの持ちを気にする人の場合は、Edgeに乗り換えてみるのも解決手段の一つになるかもしれない(ただし、Edgeは現時点でMac OSには非対応)。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい