閉じる

PICK UP

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem.

Zapp2Photo / shutterstock.com

世界のスマートスピーカー市場でグーグルが急伸していることが明らかになった。調査企業「Canalys」の最新データによると、2018年第1四半期にグーグルの「Google Home」と「Home Mini」の出荷台数は合計で320万台。それに対し、アマゾンの「エコー」シリーズの出荷台数は250万台だった。

また、今年第1四半期の世界のスマートスピーカー出荷台数は900万台に達していた。この数字は前年同期の290万台から約3倍に膨らんでいる。

背景にはアリババがトップを走る、中国での市場拡大があげられる。また、SKテレコムの「Nugu」やLINEの製品が上位に立つ韓国市場も成長を遂げている。

国別の出荷台数を見ると、トップの米国は410万台。2位の中国は180万台。3位の韓国は73万台となっていた。Canalysによるとアリババは既に同社のスマートスピーカー「Tmall Genie」を110万台販売し、シャオミも「Xioa AI」スピーカーを60万台売ったという。

Canalysのアナリスト、Ben Stantonはグーグルの好調の理由の一つを販売チャネルの多様さとしている。「通信キャリアや小売業者はアマゾンよりも、グーグルの製品を前面に出す場合が多い。しかし、アマゾンの『エコー』は多様なアレクサスキルを持つ点が強みで、スマートホームとの連携により今後の反撃が期待できる」

一方、この市場で存在感を発揮できていないのがアップルだ。アップルの「HomePod」は約350ドルという高価格で、売上は伸びていない。アップルは今後、値下げに踏み切るか安価なmini版を投入するなどの戦略をとらない限り、50ドル程度の価格で売られる競合製品に勝てないだろう。

しかし、スマートスピーカー市場はまだ初期段階にあり、WiFiを備えた家庭への普及率はわずか20%程度と伝えられており、今後の莫大な成長可能性を秘めている。

この分野の成長を阻害する可能性があるとするなら、それはプライバシーに対する懸念だ。先週はアマゾンの「エコー」が米国のカップルのプライベートな会話を録音し、連絡先リスト上の知人に、誤って送信する事態が発生した。この事件は非常に稀なケースといえるかもしれないが、事態を重く見たアマゾンは対策を講じるとしている。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい