Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版


──青木さんは今回のキャンプを開催するにあたって、何か課題意識があったのでしょうか?

青木:特に課題があったわけではないですが、「起業家と株主たちのコミュニティ」があった方がいいだろうなという意識はありました。投資先の会社に関係せずとも、投資家たちでもきっと何か新しいことが起こると思いますし。

藤野:僕はもう、キャンプで仲良くなったMATCHA株主の何名かとすでに会う約束をしています。実際、新しいことが起きそうな予感がしますね。

──長年投資家としてご活躍されている藤野さんは、今回のような取り組みについてどう思われますか?

藤岡:エンジェル投資家は、基本的に複数企業に対して投資をしている上に、本業もあり、プライベートも含めて日々沢山のことを考えているわけです。僕もそうなのですが、このキャンプをきっかけに、明らかにMATCHAに対するマインドシェアが上がった。つまり、MATCHAのことを考える時間が圧倒的に増えたんです。

すると、別の仕事をしているときでも「この人を青木さんに紹介しよう」とか「青木さんにこの情報を伝えよう」とか、思いつく頻度も間違いなく多くなるし、起業家にとってもより親身になって考えてくれる人が増えることになる。これは複数の投資先から投資を受けている企業からすると、すごく大きなメリットだと思います。

青木:投資家の方々の多くは「スーパー営業マン」だと思っています。僕だったら1カ月かかることを、たった一声で実現できることは沢山ある。そういう意味で、株主の方たちがMATCHAのことを考えてくださる時間が増えるような取り組みは、もっと頻度を高く行っていきたいと思いました。

──青木さんが考える、起業家と投資家の理想的な関係を教えてください。

青木:僕たちは、MATCHAを世界最大の訪日観光プラットフォームにすることを目指していますが、そのビジョンを実現させるためには自分たちだけでは時間がかかりすぎる。だからこそ、ビジョンに共感してくださった株主の方たちと一緒に、ご縁を繋いだり議論を深め合ったりしながらサービスを育てていきたい。

起業家にとっても、その会社に投資をしている投資家にとっても、そのコミュニティに参加することがお互いのメリットになるような関係が理想です。スタートアップが資金を調達する手段が増え、ハードルが低くなってきているいまこそ「起業家と投資家の関係2.0」を考えていく必要があるのではないかと思っています。

構成=小野瀬 わかな 写真=林 孝典

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい